Fedora 29:tcpreplay(2018-5f91054677)

critical Nessus プラグイン ID 120955

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このリリース(4.3.1)には、バグ修正のみが含まれています:

- チェックスペルが検出された誤字を修正します(#531)

- ヒープオーバーフローpacket2treeおよびget_l2len(#530)

これはTcpreplayパッケージ4.3.0です

このリリースには、いくつかのバグ修正と拡張機能が含まれています:

- maxOSのTOSチェックサムの失敗を修正します(#524)

- TCPシーケンス編集シーディング(#514)

- Codacyにより特定された問題を修正します(#493)

- CVE-2018-18408 post_argsのメモリ解放後使用(Use After Free)(#489)

- CVE-2018-18407ヒープバッファオーバーフローcsum_replace4(#488)

- CVE-2018-17974ヒープバッファオーバーフローdlt_en10mb_encode(#486)

- CVE-2018-17580ヒープバッファオーバーフローfast_edit_packet(#485)

- CVE-2018-17582 get_next_packetのヒープバッファオーバーフロー(#484)

- ツリー外ビルド(#482)

- CVE-2018-13112 get_l2lenでのヒープバッファオーバーフロー(#477 dup #408)

- パイプのstdinを閉じています(#479)

- 2番目のpcapファイルがマルチプライヤオプションでハングアップします(#472)

- fragrouteオプションのジャンボフレームサポート(#466)

- TCPシーケンス編集ACKの破損(#451)

- TCPシーケンス番号編集の初期SYNパケットには、ゼロACKがなければなりません(#450)

- 新しいビルドイメージにより、Travis CIビルドが失敗します(#432)

- liboptsを5.18.12にアップグレードし、バージョンビルドの問題に対処します(#430)

- tcpのSEQ/ACK番号を変更する機能を追加します(#425)

- loopおよびnetmapオプションを使用したハング(#424)

- 大きなキャッシュファイルに対してtcpprep -Sが機能しません(#423)

- --portmapでポートの範囲をtcprewriteできません(#422)

- --maxsleepが1000未満の値で破損します(#421)

- -Tフラグがトラフィックリプレイのタイミングを破壊します(#419)

- 2番目のパケットタイミングを尊重します(#418)

- STDINを使用する際のノンブロッキング動作を回避します(#416)

- >1020パケットが含まれるpcapが、無効なキャッシュファイルを生成します(#415)

- manページの誤字(#413)

- Zephyrでtap0を開けません(#411)

- get_l2protocolでのヒープバッファオーバーフロー(#410)

- packet2treeでのヒープバッファオーバーフロー(#409)

- get_l2lenでのヒープバッファオーバーフロー(#408)

- flow_decodeでのヒープバッファオーバーフロー(#407)

- ゼロIP全長フィールドを書き換えて、実際のパケット長に一致させます(#406)

- tcpcapinfoでのスタックバッファオーバーフロー(#405)

- tcpprep --includeオプションが除外しません(#404)

- dlt_radiotap_get_80211でのNegative-size-param memset(#402)

- tcpeplay --verboseオプションが機能しません(#398)

- --with-testnicを使用する際の再生を修正します (#178)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受けるtcpreplayパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2018-5f91054677

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 120955

ファイル名: fedora_2018-5f91054677.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/7

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:tcpreplay, cpe:/o:fedoraproject:fedora:29

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/6

脆弱性公開日: 2018/7/3

参照情報

CVE: CVE-2018-13112, CVE-2018-17580, CVE-2018-17582, CVE-2018-17974, CVE-2018-18407, CVE-2018-18408