Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise kernel(ELSA-2019-4315)

high Nessus プラグイン ID 120976
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[4.1.12-124.24.1.el7uek] - pinctrl:amd:pinctrl登録用のdevm_pinctrl_register()を使用(Laxman Dewangan)[Orabug:27539246] {CVE-2017-18174} - mlock:競合状態で低下させることができないmlockカウントを修正(Yisheng Xie)[Orabug:27677611] {CVE-2017-18221} - perf/core:perf_cpu_time_max_percentの確認を修正(Tan Xiaojun)[Orabug:27823815] {CVE-2017-18255} - x86/microcode/intel:_save_mcのリビジョンの誤った割り当てを修正(Zhenzhong Duan)[Orabug:28190263] - mm:cma:dmaの割り当て中にサイズの誤った型変換を修正(Rohit Vaswani)[Orabug:28407826] {CVE-2017-9725} - x86/speculation:強化されたIBRSをデフォルトのspectre v2緩和策にする(Alejandro Jimenez)[Orabug:28474851] - x86/speculation:強化されたIBRSの使用を有効化(Alejandro Jimenez)[Orabug:28474851] - x86/speculation:強化されたIBRSをサポートする機能(Alejandro Jimenez)[Orabug:28474851] - xen/blkback:飛行中のI/O時の切断を修正(Juergen Gross)[Orabug:28744234] - mlx4_vnic:ib_detach_mcastの呼び出し時にmlidを使用(aru kolappan)[Orabug:29029705] - ext4:rootディレクトリのext4_igetは割り当てが行われていないと失敗する(Theodore Ts'o)[Orabug:29048557] {CVE-2018-1092} {CVE-2018-1092} - Bluetooth:hidp:hidp_process_reportのバッファオーバーフロー(Mark Salyzyn)[Orabug:29121215] {CVE-2018-9363} {CVE-2018-9363} - HID:デバッグ:copy_to_user()の前に長さを確認(Daniel Rosenberg)[Orabug:29128165] {CVE-2018-9516} - x86/MCE:sysfsの変更をシリアル化(Seunghun Han)[Orabug:29149888] {CVE-2018-7995} - 入力:i8042 - ブート時間でクラッシュを修正(Chen Hong)[Orabug:29152328] {CVE-2017-18079}

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4315.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 120976

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4315.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/7

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-9725

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/3

脆弱性公開日: 2017/7/27

参照情報

CVE: CVE-2017-9725, CVE-2017-18079, CVE-2017-18174, CVE-2017-18221, CVE-2017-18255, CVE-2018-1092, CVE-2018-7995, CVE-2018-9363, CVE-2018-9516