Amazon Linux 2:kernel(ALAS-2019-1145)

high Nessus プラグイン ID 121054

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

drivers/usb/core/usb.cの__usb_get_extra_descriptorに関連する追加のディスクリプターの読み込み中に、USBサブシステムがサイズチェックを誤って処理します。(CVE-2018-20169)攻撃者が、vmゲスト内からkernel-memoryの制御されない読み取りを行うことができる欠陥が見つかりました。connect()とclose()関数の競合状態により、AF_VSOCKプロトコルを使用する攻撃者が4バイトの情報漏えいを収集したり、他のクライアント宛てのAF_VSOCKメッセージを偽装したり、カーネルメモリを漏えいさせたりする可能性があります。(CVE-2018-14625)

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2019-1145.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 121054

ファイル名: al2_ALAS-2019-1145.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/10

更新日: 2022/5/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-20169

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/7

脆弱性公開日: 2018/9/10

参照情報

CVE: CVE-2018-14625, CVE-2018-20169

ALAS: 2019-1145