Junos OS:libxml2における複数の脆弱性(JSA10916)

critical Nessus プラグイン ID 121070

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのJuniper Junosデバイスは、libxml2にある複数の脆弱性による影響を受けます。- 2.9.4より前のlibxml2のフォーマット文字列の脆弱性により、攻撃者が不明なベクターの書式文字列指示子を介して詳細不明な影響を与える可能性があります。(CVE-2016-4448)- libxml2 2.9.3以前のtree.cのxmlStringGetNodeList関数がリカバリモードで使用されるとき、コンテキスト依存の攻撃者が細工されたXMLドキュメントを介してサービス拒否(無限再帰、スタック消費、アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3627)

ソリューション

JuniperアドバイザリJSA10916で参照されている該当のJunosソフトウェアリリースを適用してください。

関連情報

https://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=JSA10916

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 121070

ファイル名: juniper_jsa10916.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

公開日: 2019/1/11

更新日: 2021/2/9

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-4448

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version, Host/Juniper/model

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/9

脆弱性公開日: 2019/1/9

参照情報

CVE: CVE-2016-3627, CVE-2016-3705, CVE-2016-4447, CVE-2016-4448, CVE-2016-4449, CVE-2017-7375, CVE-2017-18258, CVE-2018-9251

JSA: JSA10916