Wireshark 2.4.x < 2.4.12の複数の脆弱性(MacOS)

medium Nessus プラグイン ID 121105

概要

リモートのmacOSまたはMac OS Xホストにインストールされているアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのmacOS/Mac OS XホストにインストールされているWiresharkのバージョンは2.4.12より前の2.4.xです。したがって、IrCOMMディセクターとMSDPディセクターで複数のサービス拒否の脆弱性の影響を受けます。- P_MUL - RTSE - ISAKMP - ENIP - TCAP - ASN.1 BERおよび関連する - RPCAP 攻撃者は、不正な形式のパケットをワイヤに挿入したり、不正な形式のパケットトレースファイルを読み取るようにユーザーを誘導したりすることで、Wiresharkをクラッシュさせる可能性があります。

ソリューション

Wiresharkバージョン2.4.12以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.wireshark.org/docs/relnotes/wireshark-2.4.12.html

https://www.wireshark.org/security/wnpa-sec-2019-02.html

https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=15337

https://www.wireshark.org/security/wnpa-sec-2019-03.html

https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=15373

https://www.wireshark.org/security/wnpa-sec-2019-04.html

https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=15374

https://www.wireshark.org/security/wnpa-sec-2019-05.html

https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=14470

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 121105

ファイル名: macosx_wireshark_2_4_12.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2019/1/11

更新日: 2019/10/31

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5719

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:wireshark:wireshark

必要な KB アイテム: installed_sw/Wireshark, Host/MacOSX/Version, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/8

脆弱性公開日: 2019/1/8

参照情報

CVE: CVE-2019-5717, CVE-2019-5718, CVE-2019-5719, CVE-2019-5721

BID: 106482, 107146