Oracle Linux 7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2019-4509)

high Nessus プラグイン ID 121201

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2019-4509アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-wmi_set_ie()関数で、長さ検証コードが符号なし整数オーバーフローを適切に処理しません。その結果、「ie_len」引数の値が大きいと、Linuxカーネルを使用するCAF(MSM用Android、MSM用Firefox OS、QRD Android)からのすべてのAndroidリリースでバッファオーバーフローが発生する可能性があります。
(CVE-2018-5848)

-4.16.3までのLinuxカーネルのfs/xfs/libxfs/xfs_inode_buf.cにあるxfs_dinode_verify関数により、ローカルユーザーが細工されたxfs画像を介してサービスの拒否(xfs_ilock_attr_map_sharedの無効なポインタ参照)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-10322)

-4.15.7までのLinuxカーネルのdrivers/block/floppy.cにあるfd_locked_ioctl関数に問題が発見されました。フロッピードライバーがカーネルポインターをFDGETPRM ioctlのユーザーメモリにコピーします。攻撃者が、FDGETPRM ioctlを送信し、取得したカーネルポインターを使用してカーネルコードとデータの場所を検出し、KASLRなどのカーネルセキュリティ保護をバイパスする可能性があります。(CVE-2018-7755)

-以前4.15.8のLinuxカーネルのdrivers/net/phy/mdio-bcm-unimac.c内のunimac_mdio_probe関数では、特定のリソースの可用性が検証されません。これにより、ローカルユーザーが、サービス拒否(NULLポインタデリファレンス)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-8043)

-4.19.6までのLinuxカーネルにおいて、ローカルユーザーが、sound/usb/card.cのusb_audio_probeで誤って処理される悪意のあるUSBサウンドデバイス(インターフェイスなし)を介して、ALSAドライバーのメモリ解放後使用(Use After Free)を悪用する可能性があります。(CVE-2018-19824)

-4.19.2までのLinuxカーネルのarch/x86/kvm/x86.cにあるvcpu_scan_ioapic関数により、ローカルユーザーが、ioapicが初期化されていない状態になる細工されたシステムコールを使用して、サービス拒否(NULLポインターデリファレンスおよびバグ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-19407)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4509.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 121201

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4509.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/1/16

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-5848

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/15

脆弱性公開日: 2018/1/11

参照情報

CVE: CVE-2018-5848, CVE-2018-7755, CVE-2018-8043, CVE-2018-10322, CVE-2018-19407, CVE-2018-19824