Oracle Java SE 1.7.x < 1.7.0_211/1.8.x < 1.8.0_201/1.11.x < 1.11.0_2の複数の脆弱性(2019年1月CPU)(Unix)

low Nessus プラグイン ID 121230
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのUnixホストに、複数の脆弱性の影響を受けるプログラミングプラットフォームが含まれています。

説明

リモートホストにインストールされているOracle(旧Sun)Java SEまたはJava for Businessのバージョンは、7 Update 211、8 Update 201、11 Update 2より前です。したがって、次のコンポーネントに関連する複数の脆弱性の影響を受けます。- libjpeg 9aの問題であるdivide-by-zeroエラーにより、リモートの攻撃者が細工されたファイルを介してサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-11212)- NetworkingサブコンポーネントにあるOracle Java SEの詳細不明な脆弱性により、複数のプロトコル経由でネットワークにアクセスできる認証されていないリモートの攻撃者が、Java SEを侵害する可能性があります。(CVE-2019-2426)- DeploymentサブコンポーネントにあるOracle Java SEの詳細不明な脆弱性により、複数のプロトコル経由でネットワークにアクセスできる認証されていないリモートの攻撃者が、Java SEを侵害する可能性があります。(CVE-2019-2449)- LibrariesサブコンポーネントにあるOracle Java SEの詳細不明な脆弱性により、複数のプロトコル経由でネットワークにアクセスできる認証されていないリモートの攻撃者が、Java SEを侵害する可能性があります。(CVE-2019-2422)Nessusはこれらの問題のテストを行っておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Oracle JDK/JRE 11 Update 2、8 Update 201/7 Update 211以降にアップグレードしてください。必要に応じて、影響を受けるバージョンを削除してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?799b2d05

http://www.nessus.org/u?c1896887

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 121230

ファイル名: oracle_java_cpu_jan_2019_unix.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/1/17

更新日: 2019/11/1

依存関係: sun_java_jre_installed_unix.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-2426

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: Host/Java/JRE/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/15

脆弱性公開日: 2019/1/15

参照情報

CVE: CVE-2018-11212, CVE-2019-2422, CVE-2019-2426, CVE-2019-2449

BID: 106583, 106590, 106596, 106597