Apple iOS < 12.1.3の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 121331

概要

モバイルデバイスで実行中のApple iOSのバージョンは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

モバイルデバイスで実行中のApple iOSのバージョンは、12.1.3より前です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- ユーザーが誘導されて悪意のあるWebページにアクセスすると、WebKitにある複数の詳細不明な脆弱性によって、任意のコードが実行される可能性があります。
(CVE-2019-6227、CVE-2019-6233、CVE-2019-6234)

- 悪意を持って細工されたSQLクエリにより、任意のコードが実行される可能性があります。
(CVE-2018-20346、CVE-2018-20505、CVE-2018-20506)

- 悪意のあるアプリケーションによって、カーネル権限で任意のコードが実行される可能性があります。
(CVE-2019-6218)

さらに他にもいくつかの脆弱性が存在します。そのうちの最も深刻度が高い脆弱性では、ユーザーが誘導されて悪意のあるWebコンテンツを表示することにより、攻撃者がリモートコード実行攻撃を実行する可能性があります。

ソリューション

Apple iOSバージョン12.1.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT209443

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 121331

ファイル名: apple_ios_1213_check.nbin

バージョン: 1.38

タイプ: local

ファミリー: Mobile Devices

公開日: 2019/1/23

更新日: 2022/11/30

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-6218

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-6235

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:iphone_os

必要な KB アイテム: mdm/dependency/unlocked

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/22

脆弱性公開日: 2019/1/22

参照情報

CVE: CVE-2018-20346, CVE-2018-20505, CVE-2018-20506, CVE-2019-6200, CVE-2019-6202, CVE-2019-6205, CVE-2019-6206, CVE-2019-6208, CVE-2019-6209, CVE-2019-6210, CVE-2019-6211, CVE-2019-6212, CVE-2019-6213, CVE-2019-6214, CVE-2019-6215, CVE-2019-6216, CVE-2019-6217, CVE-2019-6218, CVE-2019-6219, CVE-2019-6221, CVE-2019-6224, CVE-2019-6225, CVE-2019-6226, CVE-2019-6227, CVE-2019-6228, CVE-2019-6229, CVE-2019-6230, CVE-2019-6231, CVE-2019-6233, CVE-2019-6234, CVE-2019-6235

APPLE-SA: APPLE-SA-2019-1-22-1