FreeBSD:Apache -- 脆弱性(eb888ce5-1f19-11e9-be05-4c72b94353b5)

high Nessus プラグイン ID 121336

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Apache httpdプロジェクトによる報告:

SECURITY: CVE-2018-17199 mod_session: mod_session_cookieは有効期限を考慮しないため、セッションが再利用できます。

SECURITY: CVE-2019-0190 mod_ssl:OpenSSL 1.1.1以降では、TLSv1.2(またはそれ以前)でクライアントが開始した再ネゴシエーションによって発生する無限ループが修正されます。PR 63052。

SECURITY: CVE-2018-17189 mod_http2: DoS攻撃ベクトルを修正します。httpdクリーンアップコードは、リクエストを消費しないリソースに遅いリクエスト本文を送信することにより、不必要にサーバースレッドを占有します。これは、すべてのストリーム状態と受信データを破棄する即時ストリームリセットに変更されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.apache.org/dist/httpd/CHANGES_2.4.38

http://httpd.apache.org/security/vulnerabilities_24.html

http://www.nessus.org/u?7ade32ea

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 121336

ファイル名: freebsd_pkg_eb888ce51f1911e9be054c72b94353b5.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2019/1/24

更新日: 2020/2/24

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-17199

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:apache24, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/23

脆弱性公開日: 2019/1/22

参照情報

CVE: CVE-2018-17189, CVE-2018-17199, CVE-2019-0190