Oracle WebCenter Portalの複数の脆弱性(2019年1月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 121347

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションサーバーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle WebCenter Portalのバージョンには、2019年1月のCritical Patch Update(CPU)からのセキュリティパッチがありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。

2.9.7より前のFasterXML jackson-databind 2.xでは、slf4j-extクラスの多態的な逆シリアル化をブロックするのに失敗するため、それを悪用してリモートの攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2018-14718)

Bouncy Castle BC 1.54~1.59、BC-FJA 1.0.0、BC-FJA 1.0.1およびそれ以前のバージョンでは、RSAキーペアジェネレーターへの低レベルインターフェイスに欠陥があります。特に確実性が高められた低レベルAPIで生成されたRSAキーペアでは、M-Rテストが予想より少なくなる場合があります。これは、バージョンBC 1.60ベータ4以降、BC-FJA 1.0.2以降で修正される予定です。(CVE-2018-1000180)

Oracle Fusion MiddlewareのOracle WebCenter Portalコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:WebCenter Spacesアプリケーション)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、11.1.1.9.0および12.2.1.3.0です。容易に悪用可能な脆弱性があり、認証されていない攻撃者がHTTPを介してネットワークにアクセスし、Oracle WebCenter Portalを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle WebCenter Portalがアクセスできるいくつかのデータが、権限なしで更新、挿入または削除される可能性があります。(CVE-2019-2427)

ソリューション

2019年1月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?799b2d05

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 121347

ファイル名: oracle_webcenter_portal_cpu_jan_2019.nbin

バージョン: 1.92

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/1/24

更新日: 2024/6/13

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2018-14718

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle WebCenter Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/15

脆弱性公開日: 2019/1/2

参照情報

CVE: CVE-2018-1000180, CVE-2018-14718, CVE-2019-2427

BID: 106567, 106581, 106601