OpenSSL 1.0.x < 1.0.2qの複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 121383

概要

リモートホストで実行されているサービスは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートホストで実行されているOpenSSLのバージョンは、1.0.2qより前の1.0.xです。したがって、サービス拒否の脆弱性とキャッシュタイミングサイドチャンネルの脆弱性の影響を受けます。

ソリューション

OpenSSLバージョン1.0.2q以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20181112.txt

https://www.openssl.org/news/secadv/20181030.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 121383

ファイル名: openssl_1_0_2q.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2019/1/25

更新日: 2019/4/2

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-0734

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openssl:openssl

必要な KB アイテム: openssl/port

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/11/20

脆弱性公開日: 2018/10/30

参照情報

CVE: CVE-2018-5407, CVE-2018-0734

BID: 105758, 105897