Mozilla Firefox <65.0

critical Nessus プラグイン ID 121512
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているWebブラウザーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているFirefoxは、65.0より前のバージョンです。したがって、mfsa2019-01のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。- HTML5ストリームをカスタムHTML要素と合わせて解析する際に、メモリ解放後使用(use-after-free)の脆弱性が発生する可能性があります。その結果、ストリームパーサーオブジェクトが使用中に解放され、悪用可能なクラッシュにつながります。(CVE-2018-18500)- JavaScriptを使用してオーディオバッファを作成および操作すると、状況によっては、コンパートメントの不一致が原因で潜在的に悪用可能なクラッシュが発生する可能性があります。(CVE-2018-18503)- グラフィックを操作するときに使用中のテクスチャクライアントのバッファが解放されると、クラッシュと領域外読み取りが発生する可能性があります。これにより、悪用可能なクラッシュと解放されたバッファのメモリからの読み取りが可能になります。(CVE-2018-18504)- Inter-process Communication(IPC)の脆弱性に対する以前の修正であるCVE-2011-3079により、IPCプロセスの作成中にIPCエンドポイントとサーバーの親との間の通信に認証が追加されました。この認証は、IPCプロセスが開始された後に作成されたチャンネルには不十分なものであり、認証が後のチャンネルに正しく適用されなくなります。これにより、リスナープロセスでのメッセージ検証が行われなくなり、IPCチャンネルを介したサンドボックスの回避が可能になります。(CVE-2018-18505)- プロキシ自動検出が有効になっている場合、Webサーバーがプロキシ自動設定(PAC)ファイルを提供するとき、またはPACファイルがローカルで読み込まれるとき、このPACファイルによって、ローカルホストへのリクエストをプロキシを介して別のサーバーに送信するように指定できます。プロキシが手動で設定されている場合、この動作はデフォルトでは許可されておらず、有効にすると、ブラウズを通じたアクセスの際に、ローカルホストにバインドしてネットワーク動作を行うサービスやツールへの攻撃が可能になります。(CVE-2018-18506)- Mozilla開発者とコミュニティのメンバーArthur Iakab、Christoph Diehl、Christian Holler、Kalel、Cristina Coroiu、Noemi Erli、Natalia Csoregi、Julian Seward、Gary Kwong、Tyson Smith、Yaron Tausky、Ronald Craneは、Firefox 64に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。(CVE-2018-18502)- Mozilla開発者とコミュニティメンバーのAlex Gaynor、Christoph Diehl、Steven Crane、Jason Kratzer、Gary Kwong、Christian Hollerは、Firefox 64とFirefox ESR 60.4に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。(CVE-2018-18501)Nessusはこの問題をテストしてしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Firefoxバージョン65.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2019-01/

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1510114

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1509442

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1496413

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1497749

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1087565

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1503393

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1499426

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1480090

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1472990

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1514762

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1501482

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1505887

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1508102

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1508618

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1511580

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1493497

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1510145

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1516289

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1506798

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1512758

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1512450

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1517542

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1513201

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1460619

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1502871

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1516738

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=1516514

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 121512

ファイル名: mozilla_firefox_65_0.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2019/1/31

更新日: 2021/2/9

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-18502

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/29

脆弱性公開日: 2019/1/29

参照情報

CVE: CVE-2018-18500, CVE-2018-18501, CVE-2018-18502, CVE-2018-18503, CVE-2018-18504, CVE-2018-18505, CVE-2018-18506

BID: 106773, 106781

MFSA: 2019-01