Tenable Nessus < 8.2.2の格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性(TNS-2019-01)

medium Nessus プラグイン ID 121620

概要

リモートホストで実行されている Tenable Nessus は、格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されている Tenable Nessus アプリケーションは、8.2.2より前です。したがって、以下の影響を受けます。

- ユーザー指定の入力をユーザーに返す前に不適切に検証しているため、格納型クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、特別に細工されたリクエストを介して、ユーザーのブラウザセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Tenable Nessus をバージョン8.2.2以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://www.tenable.com/security/tns-2019-01

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 121620

ファイル名: nessus_tns_2019_01.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/2/6

更新日: 2023/2/8

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.0

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2019-3923

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:tenable:nessus

必要な KB アイテム: installed_sw/Tenable Nessus

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/1

脆弱性公開日: 2019/2/1

参照情報

CVE: CVE-2019-3923