SUSE SLED12 / SLES12セキュリティ更新プログラム:procps(SUSE-SU-2019:0450-1)

critical Nessus プラグイン ID 122361

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このprocpsの更新では、次のセキュリティ問題を修正します:

CVE-2018-1122:上位のローカル権限昇格を防止します。ユーザーが攻撃者の制御下のディレクトリで、設定されていないHOMEでトップを実行する場合、攻撃者はconfig_file()関数の複数の脆弱性の1つを悪用して、権限昇格を実現する可能性がありました。(bsc#1092100)

CVE-2018-1123:mmapのバッファオーバーフローによるpsでのサービス拒否を防止します。psの組み込みの保護機能により、オーバーフローしたバッファの終端でガードページがマッピングされます。これにより、この欠陥の影響がクラッシュ(一時的なサービス拒否)に限定されます(bsc#1092100)。

CVE-2018-1124:file2strvec関数でヒープ破損の原因となる複数の整数オーバーフローを防止します。これにより、プロセスを開始することでprocfsにエントリを作成できるローカルの攻撃者が権限昇格することが可能でした。その結果、他のユーザーが実行するprocユーティリティでクラッシュや任意コード実行が発生する可能性がありました(bsc#1092100)。

CVE-2018-1125:pgrepでのスタックベースのバッファオーバーフローを防止します。この脆弱性は、クラッシュへの影響を制限するFORTIFYによって緩和されました(bsc#1092100)。

CVE-2018-1126:切り捨て/整数オーバーフローの問題を防止するため、proc/alloc.*の整数サイズが正しいことを確認してください(bsc#1092100)。

(これらの問題は、すでにSUSE Linux Enterprise 12 SP3およびSP4に対してリリースされています。)

また

更新パッケージには、セキュリティ関連以外の修正も含まれています。詳細については、アドバイザリを参照してください。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud 7:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-7-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Software Development Kit 12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP4-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Software Development Kit 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP3-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP4-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-BCL:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-BCL-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP1-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP1-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP4-2019-450=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP3-2019-450=1

SUSE Enterprise Storage 4:zypper in -t patch SUSE-Storage-4-2019-450=1

SUSE CaaS Platform ALL:

この更新プログラムをインストールするには、SUSE CaaS Platform Velumダッシュボードを使用してください。新しい更新を検出した場合は通知され、その後、制御された方法でクラスター全体の更新をトリガーできます。

SUSE CaaS Platform 3.0:

この更新プログラムをインストールするには、SUSE CaaS Platform Velumダッシュボードを使用してください。新しい更新を検出した場合は通知され、その後、制御された方法でクラスター全体の更新をトリガーできます。

OpenStack Cloud Magnum Orchestration 7:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-Magnum-Orchestration-7-2019-450=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1092100

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1121753

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1122/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1123/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1124/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1125/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-1126/

http://www.nessus.org/u?b56b9abc

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 122361

ファイル名: suse_SU-2019-0450-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/2/21

更新日: 2021/1/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libprocps3, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libprocps3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:procps, p-cpe:/a:novell:suse_linux:procps-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:procps-debugsource, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/20

脆弱性公開日: 2018/5/23

参照情報

CVE: CVE-2018-1122, CVE-2018-1123, CVE-2018-1124, CVE-2018-1125, CVE-2018-1126