Mozilla Thunderbird < 60.5.1

high Nessus プラグイン ID 122402

概要

リモートのWindowsホストにインストールされているメールクライアントは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているThunderbirdは、60.5.1より前のバージョンです。したがって、mfsa2019-06のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。- Mac OSのCanvas 2DアクセラレーションにSkiaライブラリのバッファオーバーフローの脆弱性が発生する可能性があります。この問題はFirefox ESRでCanvas 2Dアクセラレーションを無効にすることによって解決されました。*注:Canvas 2Dアクセラレーションがデフォルトで無効になっている他のバージョンやプラットフォームには影響しません。(CVE-2018-18335)- パスを作成するときにSkiaライブラリにメモリ解放後使用(use-after-free)の脆弱性が発生し、潜在的に悪用可能なクラッシュを引き起こします。(CVE-2018-18356)- 表示されているメッセージのコンテンツが署名の対象ではない場合でも、特定のS/MIME署名の検証中の欠陥により、Thunderbirdのメールが有効なデジタル署名を持っていると表示されます。この欠陥により、攻撃者が有効なS/MIME署名を再利用し、任意のコンテンツを持つメールメッセージを作成できます。(CVE-2018-18509)- 特定の変換操作の後にSkiaライブラリの整数オーバーフローの脆弱性が発生し、潜在的に悪用可能なクラッシュを引き起こします。(CVE-2019-5785)Nessusはこの問題をテストしてしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Thunderbirdのバージョンを60.5.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2019-06/

http://www.nessus.org/u?712c97d8

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 122402

ファイル名: mozilla_thunderbird_60_5_1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2019/2/22

更新日: 2019/5/7

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-18335

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:thunderbird

必要な KB アイテム: Mozilla/Thunderbird/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/14

脆弱性公開日: 2019/2/14

参照情報

CVE: CVE-2018-18335, CVE-2018-18356, CVE-2018-18509, CVE-2019-5785

MFSA: 2019-06