openSUSEセキュリティ更新プログラム:MozillaThunderbird(openSUSE-2019-250)

high Nessus プラグイン ID 122470

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このバージョン60.5.1へのMozilla Thunderbirdの更新では、以下の問題を修正します:

修正されたセキュリティ問題(MFSA 2019-06 bsc#1125330):

- CVE-2018-18356:Skia のメモリ解放後使用(Use After Free)を修正しました。

- CVE-2019-5785:Skiaにおける整数オーバーフローを修正しました。

- CVE-2018-18335:デフォルトでSkiaのバッファオーバーフローがCanvas 2Dを無効化する問題を修正しました。この問題はLinucディストリビューションには影響しません。

- CVE-2018-18509:特定のS/MIME署名の検証中に、メールに有効な署名が含まれていることを誤って示す欠陥が修正されました。

ソリューション

影響を受けるMozillaThunderbirdパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1125330

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 122470

ファイル名: openSUSE-2019-250.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/2/27

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:42.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/26

脆弱性公開日: 2018/12/11

参照情報

CVE: CVE-2018-18335, CVE-2018-18356, CVE-2018-18509, CVE-2019-5785