Kibana ESA-2019-01、ESA-2019-02、ESA-2019-03

critical Nessus プラグイン ID 122589

概要

リモートのWebサーバーは、脆弱なJavaアプリケーションをホストしています。

説明

5.6.15より前、および6.6.1のKibanaバージョンには以下の脆弱性があります:クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性により、攻撃者が他のKibanaユーザーから秘密情報を取得したり、他のKibanaユーザーに代わって破壊的な操作を行ったりする可能性があります。(CVE-2019-7608)- Timelionビジュアライザーの任意のコード実行の欠陥。Timelionアプリケーションにアクセスできる攻撃者が、javascriptコードの実行を試みるリクエストを送信する可能性があります。これにより、ホストシステムに対するKibanaプロセスのアクセス許可を使用して、攻撃者が任意のコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2019-7609)- セキュリティ監査ログ機能の任意のコード実行の欠陥。Kibanaインスタンスでxpack.security.audit.enabledがtrueに設定されている場合、攻撃者がリクエストを送信してjavascriptコードを実行しようとする可能性があります。これにより、ホストシステムに対するKibanaプロセスのアクセス許可を使用して、攻撃者が任意のコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2019-7610)

ソリューション

ユーザーは、Kibanaバージョン5.6.15または6.6.1にアップグレードする必要があります。

関連情報

https://www.elastic.co/community/security

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 122589

ファイル名: kibana_esa_2019_01_03.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2019/3/4

更新日: 2022/2/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-7609

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:elasticsearch:kibana

必要な KB アイテム: installed_sw/Kibana

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/19

脆弱性公開日: 2019/2/19

CISAの既知の悪用日: 2022/7/10

参照情報

CVE: CVE-2019-7608, CVE-2019-7609, CVE-2019-7610

BID: 107148

CISA-NCAS: AA22-011A