Fortinet FortiOS 5.6.0のリモートでのコード実行(FG-IR-18-018)

critical Nessus プラグイン ID 122855

概要

リモートホストは、メモリ破損を引き起こす可能性のある不正なコード実行による影響を受ける可能性があります。

説明

リモートデバイスで実行されているFortinet FortiOSのバージョンは5.6.0です。したがって、SSHユーザー名の変数を介して悪用される可能性のあるリモート実行の脆弱性による影響を受けます。リモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、認証をバイパスして、任意のコマンドを実行してメモリ破損を引き起こす可能性があります。

ソリューション

Fortinet FortiOSをバージョン5.6.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://fortiguard.com/psirt/FG-IR-18-018

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 122855

ファイル名: fortios_FG-IR-18-018.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2019/3/14

更新日: 2021/4/29

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1352

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fortinet:fortios

必要な KB アイテム: Host/Fortigate/model, Host/Fortigate/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/11

脆弱性公開日: 2019/2/11

参照情報

CVE: CVE-2018-1352

BID: 106960