Windows 10/Windows Server 2019のセキュリティ更新プログラム(2019年2月)(Spectre)(Meltdown)(Foreshadow)

medium Nessus プラグイン ID 122974

概要

リモートのWindowsホストにマイクロコード更新プログラムがありません。

説明

リモートのWindowsホストにセキュリティ更新プログラムがありません。したがって、以下の脆弱性に対処するためのマイクロコードの更新プログラムがありません。- Specter Variant 3a(CVE-2018-3640:Rogue System Register Read(RSRE))- Spectre Variant 4(CVE-2018-3639:投機的ストアバイパス(SSB))-L1TF(CVE-2018-3620、CVE-2018-3646:L1ターミナルフォールト)Nessusはこれらの欠陥を実際にテストしたり、ターゲットのプロセッサーのアーキテクチャをチェックしておらず、対応するWindowsリリースを最新にするため、代わりにmcupdate_GenuineIntel.dllのバージョンに依存しています。

ソリューション

MicrosoftはWindows 10、Server 2016、Server 2019のセキュリティ更新プログラムをリリースしました。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6b54af4a

http://www.nessus.org/u?2d0e32dc

http://www.nessus.org/u?91f9cc84

http://www.nessus.org/u?236ac8ce

http://www.nessus.org/u?bcc8c14e

http://www.nessus.org/u?8c467280

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 122974

ファイル名: smb_nt_ms19_feb_oob_microcode.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2019/3/20

更新日: 2021/4/15

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-3646

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.6

Temporal Score: 5.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/2/4

脆弱性公開日: 2018/5/22

参照情報

CVE: CVE-2018-3620, CVE-2018-3639, CVE-2018-3640, CVE-2018-3646

BID: 104228, 104232, 105080

MSKB: 4465065, 4346084, 4346085, 4346086, 4346087

MSFT: MS19-4465065, MS19-4346084, MS19-4346085, MS19-4346086, MS19-4346087