Cisco Application Policy Infrastructure Controllerの、Linux Kernelにおけるフラグメント化されたIPの再構築によるサービス拒否

high Nessus プラグイン ID 123415

概要

リモートデバイスはLinuxカーネルサービス拒否(DoS)の影響を受けます。

説明

自己報告のバージョンによると、Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)は、Linuxカーネルによって使用されるIPスタックにある、一般にFragmentSmackとして知られている脆弱性の影響を受けます。この脆弱性により、認証されていないリモート攻撃者が、影響を受けるデバイスにサービス拒否(DoS)状態を引き起こす可能性があります。影響を受けるデバイスで問題をトリガーするように設計されているフラグメント化されたIPv4またはIPv6パケットのストリームを送信することができる攻撃者によって、攻撃が実行される可能性があります。

ソリューション

Cisco Application Policy Infrastructure Controllerを3.2.4/4.0にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8d625ffb

http://www.nessus.org/u?15f05a53

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123415

ファイル名: cisco-sa-20180824-apic.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: CISCO

公開日: 2019/3/27

更新日: 2020/11/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-5391

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:application_policy_infrastructure_controller, cpe:/o:cisco:application_policy_infrastructure_controller_firmware

必要な KB アイテム: installed_sw/Cisco APIC Software

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/10/24

脆弱性公開日: 2018/8/24

参照情報

CVE: CVE-2018-5391

BID: 105108