VMware Workstation 14.x < 14.1.7/15.x < 15.0.4の複数の脆弱性(VMSA-2019-0005)

high Nessus プラグイン ID 123516
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWindowsホストにインストールされている仮想化アプリケーションは、初期化されていないスタックメモリ使用による脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているVMware Workstationのバージョンは、14.1.4より前の14.xまたは15.0.1より前の15.xです。したがって、次のような複数の脆弱性の影響を受けます。- 仮想USB 1.1 UHCI(ユニバーサルホストコントローラーインターフェイス)の領域外読み取り/書き込みの脆弱性、およびTime-of-check Time-of-use(TOCTOU)の脆弱性。これらの問題を悪用するには、攻撃者は仮想USBコントローラーがある仮想マシンにアクセスする必要があります。これらの問題により、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があります。(CVE-2019-5518、CVE-2019-5519 )- e1000仮想ネットワークアダプタの領域外書き込みの脆弱性。この問題により、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があります。(CVE-2019-5524 )- e1000およびe1000e仮想ネットワークアダプタの領域外書き込みの脆弱性。この問題が悪用されると、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があり、ゲストがサービス拒否を発生させる可能性が高くなります。(CVE-2019-5515)注意:CVE-2019-5524はVMware Workstation 14.xのみが対象で、14.1.6で修正されました。注意:CVE-2019-5515は14.1.6と15.0.3で修正されました。

ソリューション

VMware Workstationバージョン14.1.7、15.0.4以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2019-0005.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123516

ファイル名: vmware_workstation_vmsa_2019_0005.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: General

公開日: 2019/3/29

更新日: 2020/9/21

依存関係: vmware_workstation_detect.nasl, vmware_workstation_linux_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5524

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:workstation

必要な KB アイテム: installed_sw/VMware Workstation

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/3/28

脆弱性公開日: 2019/3/28

参照情報

CVE: CVE-2019-5515, CVE-2019-5518, CVE-2019-5519, CVE-2019-5524

VMSA: 2019-0005

IAVA: 2019-A-0099