VMSA-2019-0005:VMware ESXi、Workstation、Fusionの更新プログラムは、複数のセキュリティ問題を修正します。

high Nessus プラグイン ID 123556

概要

リモートのVMware ESXiホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

a. VMware ESXi、Workstation、Fusion UHCIの領域外読み取り/書き込みと、TOCTOUの脆弱性:VMware ESXi、Workstation、Fusionに、領域外読み取り/書き込みの脆弱性と、仮想USB 1.1 UHCI(ユニバーサルホストコントローラーインタフェース)のTime-of-checkの使用時間(TOCTOU)の脆弱性があります。これらの問題を悪用するには、攻撃者は仮想USBコントローラーがある仮想マシンにアクセスする必要があります。これらの問題により、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があります。VMwareは、これらの問題を報告してくれたPwn2Own 2019セキュリティコンテストに参加しているAmat Cama氏とRichard Zhu氏のFluoroacetateチームに感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、これらの問題に識別子CVE-2019-5518(領域外読み取り/書き込み)とCVE-2019-5519(TOCTOU)が割り当てられています。b.e1000仮想ネットワークアダプタにおけるVMware WorkstationとFusionの領域外書き込みの脆弱性:e1000仮想ネットワークアダプタに、VMware WorkstationとFusionの領域外書き込みの脆弱性があります。この問題により、ゲストがホスト上でコードを実行する可能性があります。この問題を報告してくれた、Chaitin Techのセキュリティ研究者であるZhangyanyu氏に感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2019-5524が割り当てられています。c. e1000およびe1000e仮想ネットワークアダプタにおけるVMware WorkstationとFusionの領域外書き込みの脆弱性:VMware WorkstationとFusionの更新プログラムによって、e1000およびe1000e仮想ネットワークアダプタの領域外書き込みの脆弱性を修正します。この問題を悪用すると、ゲストからホスト上でコードが実行される可能性がありますが、ゲストでサービス拒否が発生する可能性が高くなります。VMwareは、この問題を報告してくれたTrend MicroのZero Day Initiativeに参加しているZhanluLabに感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2019-5515が割り当てられています。d.VMware Fusionの未認証APIセキュリティの脆弱性:VMware Fusionには、Webソケットを介してアクセスできる特定の未認証APIによるセキュリティ上の脆弱性があります。攻撃者がこの問題を悪用して、ホストユーザーを誘導してJavaScriptを実行し、VMware Toolsがインストールされているゲストマシンで不正な機能を実行する可能性があります。これは、ゲストマシン上でコマンドを実行するためにさらに悪用される可能性があります。この問題をそれぞれ報告してくれたCodeColorist(@CodeColorist)およびCsaba Fitzl(@theevilbit)に感謝の意を表します。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクト(cve.mitre.org)により、この問題に識別子CVE-2019-5514が割り当てられています。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2019/000454.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123556

ファイル名: vmware_VMSA-2019-0005.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2019/4/1

更新日: 2020/1/27

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5524

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/3/28

脆弱性公開日: 2019/4/1

参照情報

CVE: CVE-2019-5514, CVE-2019-5515, CVE-2019-5518, CVE-2019-5519, CVE-2019-5524

VMSA: 2019-0005

IAVA: 2019-A-0099