Palo Alto Networks < 7.1.23/8.0.x < 8.0.16/8.1.x < 8.1.7のサービス拒否の脆弱性(PAN-SA-2019-0007)

medium Nessus プラグイン ID 123557

概要

リモートホストは、サービス拒否(DoS)の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているPalo Alto Networks PAN-OSのバージョンは、7.1.23より前、8.0.16より前の8.0.x、または8.1.7より前の8.1.xです。SNMPライブラリに脆弱性があるため、サービス拒否(DoS)の脆弱性がPAN-OS管理インターフェイスにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、SNMPデーモンの応答を停止させる可能性があります。(CVE-2018-18065)

ソリューション

Palo Alto Networks PAN-OSバージョン7.1.23/8.0.16/8.1.7以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?385b26fd

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 123557

ファイル名: palo_alto_PAN-SA-2019-0007.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

公開日: 2019/4/2

更新日: 2020/2/18

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:N/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2018-18065

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:paloaltonetworks:pan-os

必要な KB アイテム: Host/Palo_Alto/Firewall/Full_Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/3/20

脆弱性公開日: 2019/3/20

参照情報

CVE: CVE-2018-18065

BID: 106265