EulerOS 2.0 SP5:カーネル(EulerOS-SA-2019-1156)

high Nessus プラグイン ID 123630

概要

リモートのEulerOSホストに複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているカーネルパッケージのバージョンによると、リモートホストにインストールされているEulerOSは次の脆弱性の影響を受けます。- 4.19までのLinuxカーネルに問題が見つかりました。符号なしlongからintへのキャストが境界チェックと干渉するため、ローカルの攻撃者がdrivers/cdrom/cdrom.c内のcdrom_ioctl_select_discの情報漏えいを悪用し、カーネルメモリを読み取る可能性があります。これはCVE-2018-10940およびCVE-2018-16658と同様です。(CVE-2018-18710)- Linuxカーネルのmmapに欠陥が見つかり、プロセスがnullページをマッピングする可能性があります。これにより、攻撃者がこのメカニズムを悪用してNULLポインターデリファレンスを実行可能なエクスプロイトにする可能性があります。(CVE-2019-9213)- Linuxカーネルは、vhost/vhost.c:vhost_new_msg()関数で、仮想ゲストとホストオペレーティングシステム間でやり取りされるメッセージのメモリを適切に初期化していません。これにより、ローカルの特権ユーザーが/dev/vhost-netデバイスファイルから読み取りを行うときに、カーネルメモリのコンテンツを読み取る可能性があります。(CVE-2018-1118)- raw midiカーネルドライバーは同時アクセスに対する保護をしないため、 rawmidi.cファイル内のsnd_rawmidi_ioctl()ハンドラーの一部であるsnd_rawmidi_input_params()およびsnd_rawmidi_output_status()でdouble realloc(二重開放)が発生することがわかりました。悪意のあるローカルの攻撃者がこれを悪用して権限を昇格する可能性があります。(CVE-2018-10902)- drivers/usb/core/usb.cにある__usb_get_extra_descriptor()関数のカーネルのUSBサブシステムで欠陥が発見され、追加のディスクリプタデータを読み取る間にサイズチェックを誤って処理します。システムに物理的にアクセスできる無権限のユーザーが、偽造された追加のディスクリプタを送信する特別に細工されたUSBデバイスを使用することによって、権限を昇格したり、システムクラッシュやロックアップをトリガーしてサービス拒否(DoS)を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2018-20169)- Linuxカーネルのwmi_set_ie()関数では、長さ検証コードが符号なし整数のオーバーフローを適切に処理しません。その結果、「ie_len」引数の値が大きいと、バッファオーバーフローが発生し、メモリ破損を引き起こしてシステムクラッシュやその他の詳細不明な影響が生じる可能性があります。欠陥の性質上、権限の昇格を完全に排除することはできませんが、起こる可能性は低いと考えられます。(CVE-2018-5848)- 非常に一般的な「ページキャッシュ」キャッチングメカニズムを実装するオペレーティングシステムで、ソフトウェアページのキャッシュサイドチャンネル攻撃の新しい状況が見つかりました。悪意のあるユーザーやプロセスは、「メモリ内」ページキャッシュの知識を使用して、共有メモリへのアクセスタイミングを推測しアルゴリズムの動作を監視することによって暗号強度の有効性を低下させるために使用できる知識を得たり、メモリのアクセスパターンを推測して取得したコードパスを決定したり、サイドチャンネルとしてページ粒度のアクセス時間を通じて見えない攻撃者にデータを抜き出したりする可能性があります。(CVE-2019-5489)- Linuxカーネルで、最後のファイル入り捨て(削除)後にcleancacheサブシステムがiノードをクリアする方法にセキュリティ上の欠陥が見つかりました。同じiノードで作成された新しいファイルには、新しいファイルデータではなく、cleancacheからの残りのページと古いファイルデータが含まれる可能性があります。(CVE-2018-16862)注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?fb5be0b3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123630

ファイル名: EulerOS_SA-2019-1156.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

公開日: 2019/4/2

更新日: 2022/5/20

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-20169

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-5848

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-devel, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-headers, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-tools, p-cpe:/a:huawei:euleros:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:huawei:euleros:perf, p-cpe:/a:huawei:euleros:python-perf, cpe:/o:huawei:euleros:2.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/sp

除外される KB アイテム: Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/1

エクスプロイト可能

Metasploit (Reliable Datagram Sockets (RDS) rds_atomic_free_op NULL pointer dereference Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2018-1118, CVE-2018-5848, CVE-2018-10902, CVE-2018-16862, CVE-2018-18710, CVE-2018-20169, CVE-2019-5489, CVE-2019-9213