SUSE SLES11 Security Update : xen (SUSE-SU-2019:14001-1)

high Nessus プラグイン ID 123637
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このxen用更新プログラムでは、以下の問題を修正します。修正されたセキュリティ問題:

修正されたセキュリティ問題:

1つのPVゲストが任意の量のメモリをリークさせてサービス拒否を引き起こす可能性のある、XENMEM_exchangeハイパーコールによって導入された複数のアクセス違反が修正されました。(bsc#1126192)

権限を持たない悪意のあるゲストユーザースペースプロセスが、自分の権限を同じゲスト内の他のユーザースペースプロセスの権限に、ひいてはゲストオペレーティングシステムの権限に昇格させる可能性がある問題が修正されました。(bsc#1126201)

物理デバイスにアクセスできる信頼されていないPVドメインが、独自のページテーブルにDMAアクセスし、権限を昇格する可能性がある問題が修正されました(bsc#1126195)。

悪意のある、またはバグのあるx86 PVゲストカーネルがサービス拒否攻撃を仕掛け、システム全体に影響を及ぼす可能性のある問題が修正されました。(bsc#1126196)

CVE-2019-6778:slirpにあるtcp_emu()のヒープバッファオーバーフローが修正されました。(bsc#1123157)

悪意のあるPVゲストがホストのクラッシュを引き起こしたり、他のゲストに関連するデータへのアクセスを取得する可能性がある問題が修正されました。ただし、設定が脆弱な場合は攻撃がなくても不安定になることがあります。(bsc#1126198)

悪意のある64ビットPVゲストによってホストクラッシュを引き起こす可能性のある問題が修正されました。(bsc#1127400)

PCIデバイスを通過した悪意のあるゲストやバグのあるゲストが自分の権限を昇格させたり、ホストをクラッシュさせたり、他のゲストに属するデータにアクセスしたりする可能性のある問題が修正されました。さらにメモリリークも発生する可能性がありました。(bsc#1126140)

悪意のあるPVゲストが権限をハイパーバイザーに昇格させる可能性がある競合状態の問題が修正されました。(bsc#1126141)

CVE-2019-9824:SLiRPネットワーキングの実装において、ユーザー/プロセスが初期化されていないスタックメモリの内容を読み取る可能性のある情報漏えいが修正されました。(bsc#1129623)

修正されたその他の問題:dom0ホスト間で移行しているときに、VMがクラッシュする問題が修正されました。(bsc#1031382)

Upstream バグ修正(bsc#1027519)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise ソフトウェア開発キット 11-SP4:zypper in -t patch sdksp4-xen-14001=1

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP4:zypper in -t patch slessp4-xen-14001=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP4:zypper in -t patch dbgsp4-xen-14001=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1027519

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1031382

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-6778/

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1123157

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126140

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126141

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126192

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126195

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126196

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126198

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1126201

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1127400

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1129623

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-9824/

http://www.nessus.org/u?6757a2c0

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123637

ファイル名: suse_SU-2019-14001-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/4/2

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:novell:suse_linux:11:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-kmp-default:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-doc-html:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-kmp-pae:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-libs:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-tools:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:xen-tools-domu:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2019/4/1

脆弱性公開日: 2019/3/21

参照情報

CVE: CVE-2019-9824, CVE-2019-6778