EulerOS Virtualization 2.5.3:curl(EulerOS-SA-2019-1240)

critical Nessus プラグイン ID 123708
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのEulerOS Virtualizationホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているcurlパッケージのバージョンによると、リモートホストにインストールされているEulerOS Virtualizationは次の脆弱性の影響を受けます。- バージョン7.61.1より前のcurlは、NTLM認証コードのバッファオーバーランに対して脆弱です。内部関数Curl_ntlm_core_mk_nt_hashは、パスワードの長さに2を掛けて(SUM)、ヒープから割り当てる一時ストレージエリアの大きさを計算します。その後、その長さの値を使用してパスワードが繰り返し処理され、割り当てられたストレージバッファに出力が生成されます。32ビットのsize_tを持つシステムでは、パスワードの長さが2GB(2の31乗バイト)を超えるとき、SUMを計算するための計算で整数オーバーフローがトリガーされます。通常、この整数オーバーフローでは、意図された非常に大きなバッファの代わりに非常に小さなバッファが実際に割り当てられ、そのバッファが使用されるとヒープバッファオーバーフローが発生します。(このバグはCVE-2017-8816とほぼ同じものです)(CVE-2018-14618)注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受けるcurlパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?181f9a9c

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 123708

ファイル名: EulerOS_SA-2019-1240.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2019/4/4

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:curl, p-cpe:/a:huawei:euleros:libcurl, cpe:/o:huawei:euleros:uvp:2.5.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/2

参照情報

CVE: CVE-2018-14618