EulerOS Virtualization 2.5.3:openssl(EulerOS-SA-2019-1267)

medium Nessus プラグイン ID 123735

概要

リモートのEulerOS Virtualizationホストに複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

インストールされているopensslパッケージのバージョンによると、リモートホストにインストールされているEulerOS Virtualizationのインストールは次の脆弱性の影響を受けます。- OpenSSL DSA署名アルゴリズムは、タイミングサイドチャンネル攻撃に対して脆弱であることがわかっています。攻撃者が署名アルゴリズムの変動を悪用し、秘密鍵を復元する可能性があります。OpenSSL 1.1.1aで修正されました(1.1.1が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.0jで修正されました(1.1.0~1.1.0iが影響を受けました)。OpenSSL 1.0.2qで修正されました(1.0.2~1.0.2pが影響を受けました)(CVE-2018-0734)- SMT(ハイパースレッディングなど)アーキテクチャにマイクロプロセッサーのサイドチャンネルの脆弱性が見つかりました。被害者のプロセスと同じプロセッサーのコアで悪意のあるプロセスを実行している攻撃者が、特定の秘密情報を抽出する可能性があります。(CVE-2018-5407)注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをEulerOSセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

影響を受けるopensslパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ba219fd1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 123735

ファイル名: EulerOS_SA-2019-1267.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

公開日: 2019/4/4

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:huawei:euleros:openssl, p-cpe:/a:huawei:euleros:openssl-devel, p-cpe:/a:huawei:euleros:openssl-libs, cpe:/o:huawei:euleros:uvp:2.5.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/EulerOS/release, Host/EulerOS/rpm-list, Host/EulerOS/uvp_version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/1

参照情報

CVE: CVE-2018-0734, CVE-2018-5407