Fedora 29:httpd(2019-119b14075a)

high Nessus プラグイン ID 123801

言語:

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

この更新には、複数のバグおよびセキュリティの修正を含む**Apache httpd**の最新のUpstreamリリースであるバージョン**2.4.39**が含まれています。このリリースの変更内容の完全なリストについては、次を参照してください:
https://www.apache.org/dist/httpd/CHANGES_2.4.39

次のセキュリティ脆弱性に対処しています:

-「CVE-2019-0211」- MPM unix:スコアボードで各子のリスナーバケット番号を維持しないことによって、ローカルの権限昇格の脆弱性を修正し、権限のあるメインプロセスを悪用するためにサーバーによって(mod_phpなどを介して)実行されるスクリプトなどの権限のないコードが永続的に変更することを防ぎます。

-「CVE-2019-0215」- mod_ssl:TLSv1.3におけるper-location/per-dirクライアント証明書検証のアクセスコントロールのバイパスを修正します。

-「CVE-2019-0217」- mod_auth_digest:ユーザーの認証情報をチェックする競合状態を修正します。有効な認証情報を持つユーザーが、スレッド化されたMPMの下で別のユーザーになりすます可能性がありました。

-「CVE-2019-0220」- URL内の連続するスラッシュをマージします。
「MergeSlashes OFF」でオプトアウトします。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるhttpdパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2019-119b14075a

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123801

ファイル名: fedora_2019-119b14075a.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/4/8

更新日: 2021/11/30

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:httpd, cpe:/o:fedoraproject:fedora:29

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/6

脆弱性公開日: 2019/4/8

CISAの既知の悪用日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2019-0211, CVE-2019-0215, CVE-2019-0217, CVE-2019-0220