Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2019-4600)

high Nessus プラグイン ID 123961

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2019-4600アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-Linuxカーネルのext4ファイルシステムに欠陥が見つかりました。ローカルユーザーがext4_xattr_set_entry関数でメモリ解放後使用(Use After Free)を引き起こす可能性があり、細工されたext4ファイルシステムイメージ内のファイル名を変更することでサービス拒否またはその他の詳細不明な影響が発生する可能性があります。(CVE-2018-10879)

-Linuxカーネルのext4ファイルシステムに欠陥が見つかりました。細工されたext4ファイルシステムイメージをマウントして操作することにより、ローカルユーザーが、ext4_get_group_info関数に領域外アクセスを発生させ、サービス拒否およびシステムクラッシュを引き起こす可能性があります。(CVE-2018-10881)

-Linuxカーネルのext4ファイルシステムは、細工されたext4ファイルシステムイメージを操作する場合にext4_ext_drop_refs()関数の領域外アクセスに対して脆弱です。(CVE-2018-10877)

-Linuxカーネルのext4ファイルシステムに欠陥が見つかりました。細工されたext4ファイルシステムイメージをアンマウントすることにより、ローカルユーザーが、fs/jbd2/transaction.cコードで領域外書き込みを発生させ、サービス拒否およびシステムクラッシュを引き起こす可能性があります。(CVE-2018-10882)

-4.19.13までのLinuxカーネルで、net/can/gw.cのcan_can_gw_rcvに問題が見つかりました。CANフレーム修正規則では、can_dlcフィールドにも適用できるビット単位の論理演算が許可されています。
CAP_NET_ADMINを持つ特権ユーザー「root」は、データ長コードを利用可能なCANフレームデータサイズよりも大きい値にするCANフレーム変更ルールを作成できます。結果がデータの最後(cgw_csum_xor_relなど)に保存される設定済みのチェックサム計算と組み合わせることで、skbの末尾(例:skb_shared_infoのfrag_listポインター)が書き換えられ、最終的にシステムクラッシュを引き起こす可能性があります。チェックが不足しているため、CANドライバーは、can-gwで操作された送信フレームを処理するときに、CANコントローラーのI/Oメモリ内のデータレジスタを越えて任意のコンテンツを書き込む可能性があります。
(CVE-2019-3701)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4600.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 123961

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4600.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/4/10

更新日: 2022/5/20

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-10877

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.32.1.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.32.1.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/8

脆弱性公開日: 2018/4/16

参照情報

CVE: CVE-2018-10877, CVE-2018-10879, CVE-2018-10881, CVE-2018-10882, CVE-2019-3701