Oracle Fusion Middleware Oracle HTTP Serverの複数の脆弱性(2018年10月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 124090
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWebサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle HTTP Serverのバージョンは、2018年10月のCPUアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。- 脆弱性が、Oracle Fusion MiddlewareのOracle HTTP Serverコンポーネントにあります。(サブコンポーネント:Web Listener(curl))影響を受けるバージョンは12.2.1.3です。悪用が難しい脆弱性ですが、HTTPでネットワークにアクセスできる認証されていない攻撃者が、HTTPSを介してOracle HTTP Serverを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle HTTP Serverの乗っ取りが発生する可能性があります。(CVE-2018-1000300)- バッファオーバーリードのため、サービス拒否(DoS)の脆弱性がcurlにあります。影響を受けるバージョンは、curlバージョン7.20.0からcurl 7.59.0です。脆弱なコンポーネントは、ヒープの範囲を超えてデータを読み取るように誘導される可能性があります。認証されていない攻撃者がネットワークにアクセスしてこの問題を悪用し、アプリケーションの応答を停止させる可能性があります。(CVE-2018-1000301)- バッファオーバーリードの脆弱性がcurlにあり、情報漏えいを引き起こす可能性があります。影響を受けるバージョンは7.20.0からcurl 7.58.0です。RTSP+RTP処理コードに脆弱性があるため、攻撃者がサービス拒否や情報漏えいを引き起こす可能性があります。認証されていない攻撃者がネットワークにアクセスしてこの脆弱性を悪用し、サービス拒否(DoS)を引き起こしたり、脆弱なアプリケーションから情報を漏えいさせたりする可能性があります。(CVE-2018-1000122)

ソリューション

2018年10月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?705136d8

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 124090

ファイル名: oracle_http_server_cpu_oct_2018.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

ファミリー: Web Servers

公開日: 2019/4/16

更新日: 2020/2/25

依存関係: oracle_http_server_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1000300

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware, cpe:/a:oracle:http_server

必要な KB アイテム: Oracle/OHS/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/15

脆弱性公開日: 2019/1/15

参照情報

CVE: CVE-2018-1000120, CVE-2018-1000121, CVE-2018-1000122, CVE-2018-1000300, CVE-2018-1000301

BID: 104207, 103414, 103415, 103436, 104225