Oracle Enterprise Manager Cloud Control(2019年4月CPU)

high Nessus プラグイン ID 124157

概要

リモートホストにインストールされているエンタープライズ管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle Enterprise ManagerCloud Controlのバージョンは、Enterprise Manager Base Platformコンポーネントの複数の脆弱性の影響を受けます。- Enterprise Manager Base Platform(Spring Framework)のネットワーキングコンポーネントが簡単に悪用され、認証されていないリモートの攻撃者がEnterprise Manager Base Platformを乗っ取る可能性があります。(CVE-2018-1258、CVE-2018-11039、CVE-2018-11040、CVE-2018-1257、CVE-2018-15756)- Agent Next Gen(IBM Java)の脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、権限なく重要データにアクセスしたり、すべてのEnterprise Manager Base Platformのアクセス可能データに完全にアクセスしたりする可能性があります。(CVE-2018-1656、CVE-2018-12539)- タイミングサイドチャンネル攻撃の可能性があるため、情報漏えいの脆弱性がOpenSSLにあります。認証されていない攻撃者がこれを悪用し、秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2018-0734、CVE-2018-0735、CVE-2018-5407)

ソリューション

2019年4月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9166970d

http://www.nessus.org/u?ba7181fa

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 124157

ファイル名: oracle_enterprise_manager_apr_2019_cpu.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/4/18

更新日: 2022/4/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1258

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:enterprise_manager

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle Enterprise Manager Cloud Control

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/16

脆弱性公開日: 2019/4/16

参照情報

CVE: CVE-2018-0734, CVE-2018-0735, CVE-2018-1257, CVE-2018-1258, CVE-2018-1656, CVE-2018-5407, CVE-2018-11039, CVE-2018-11040, CVE-2018-12539, CVE-2018-15756

BID: 104222, 104260, 105118, 105126, 105703, 105750, 105758, 105897

IAVA: 2019-A-0130