Oracle Java SE 1.7.0_221/1.8.0_211/1.11.0_3/1.12.0_1の複数の脆弱性(2019年4月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 124198

概要

リモートのWindowsホストに、複数の脆弱性の影響を受けるプログラミングプラットフォームが含まれています。

説明

リモートホストにインストールされているOracle(旧Sun)Java SE、Java for Businessのバージョンは、7は更新プログラム221より前、8は更新プログラム211より前、11は更新プログラム3より前、12は更新プログラム1より前です。したがって、次のコンポーネントに関連する複数の脆弱性の影響を受けます。- 2D - ライブラリ - RMI - Windows DLL Nessusはこれらの問題についてテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己申告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Oracle JDK/JRE 12は更新プログラム1、11は更新プログラム3、8は更新プログラム211、7は更新プログラム221以降にアップグレードしてください。必要に応じて、影響を受けるバージョンを削除してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9166970d

http://www.nessus.org/u?aa0c1228

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 124198

ファイル名: oracle_java_cpu_apr_2019.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2019/4/19

更新日: 2022/4/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-2699

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9

Temporal Score: 8.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: SMB/Java/JRE/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/16

脆弱性公開日: 2019/4/16

参照情報

CVE: CVE-2019-2602, CVE-2019-2684, CVE-2019-2697, CVE-2019-2698, CVE-2019-2699

BID: 107911, 107915, 107917, 107918, 107922