SUSE SLED12 / SLES12セキュリティ更新プログラム:ImageMagick(SUSE-SU-2019:1033-1)

high Nessus プラグイン ID 124315

Language:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このImageMagick用の更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

修正されたセキュリティ問題:

CVE-2019-9956:PopHexPixel()でのスタックベースのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1130330)

CVE-2019-10650:WriteTIFFImage()におけるヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1131317)。

CVE-2019-7175:DecodeImage関数における複数のメモリリークを修正しました(bsc#1128649)。

CVE-2018-20467:coders/bmp.cの無限ループを修正しました(bsc#1120381)。

CVE-2019-7398:WriteDIBImage関数のメモリリークを修正しました(bsc#1124365)。

CVE-2019-7397:WritePDFImage関数のメモリリークを修正しました(bsc#1124366)。

CVE-2019-7395:WritePSDChannel関数のメモリリークを修正しました(bsc#1124368)。

CVE-2018-16413:PushShortPixel()におけるヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1106989)。

CVE-2018-16412:ParseImageResourceBlocks()におけるヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1106996)。

CVE-2018-16644:dcmコーダーのリグレッションを修正しました(bsc#1107609)。

CVE-2019-11007:ReadMNGImage()におけるヒープベースのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1132060)。

CVE-2019-11008:WriteXWDImage()におけるヒープベースのバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1132054)。

CVE-2019-11009:ReadXWDImage()におけるヒープベースのバッファオーバーリードを修正しました(bsc#1132053)。

Postscript/EPS/PDFリーダーが有効な状態でconfigパッケージを追加しました。

PSデコーダーの削除はghostscript内のセキュリティ問題に対してImageMagickを強化するために使用されます。これらを有効にすると、セキュリティに影響する可能性があります。(bsc#1122033)

これらは選択可能なる2つのパッケージです:

- ImageMagick-config-6-SUSE:PSデコーダーを無効にします。

- ImageMagick-config-6-upstream:PSデコーダーを有効にします。

ローカルニーズに応じて、いずれかをインストールします。デフォルトは-SUSE構成です。

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud 7:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-7-2019-1033=1

SUSE Linux Enterpriseワークステーション拡張12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-WE-12-SP4-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Workstation Extension 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-WE-12-SP3-2019-1033=1

SUSE Linux Enterpriseソフトウェア開発キット12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP4-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Software Development Kit 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP3-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP4-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-BCL:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-BCL-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP1-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP1-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP4:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP4-2019-1033=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-SP3-2019-1033=1

SUSE Enterprise Storage 4:zypper in -t patch SUSE-Storage-4-2019-1033=1

参考資料

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-9956/

http://www.nessus.org/u?3240807e

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1106989

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1106996

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1107609

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1120381

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1122033

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1124365

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1124366

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1124368

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1128649

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1130330

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1131317

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1132053

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1132054

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1132060

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-16412/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-16413/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-16644/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-20467/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-10650/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-11007/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-11008/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-11009/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-7175/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-7395/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-7397/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-7398/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 124315

ファイル名: suse_SU-2019-1033-1.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/4/26

更新日: 2021/1/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:imagemagick, p-cpe:/a:novell:suse_linux:imagemagick-config-6-suse, p-cpe:/a:novell:suse_linux:imagemagick-config-6-upstream, p-cpe:/a:novell:suse_linux:imagemagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:imagemagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagick%2b%2b-6_q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagickcore-6_q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagickcore-6_q16-1, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagickcore-6_q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagickwand-6_q16, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmagickwand-6_q16-1-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/4/25

脆弱性公開日: 2018/9/3

参照情報

CVE: CVE-2018-16412, CVE-2018-16413, CVE-2018-16644, CVE-2018-20467, CVE-2019-10650, CVE-2019-11007, CVE-2019-11008, CVE-2019-11009, CVE-2019-7175, CVE-2019-7395, CVE-2019-7397, CVE-2019-7398, CVE-2019-9956