IBM BigFix Platform 9.5.x < 9.5.12の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 124565

概要

リモートホストで実行されているインフラストラクチャ管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されているIBM BigFix Platformアプリケーションは、9.5.12より前の9.5.xです。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- 任意のファイルアップロードの脆弱性がIBM BigFix Platformにあります。認証されたリモートの攻撃者はこれを悪用して、rootユーザーとしてリモートホストに任意のファイルをアップロードする可能性があります。(CVE-2019-4013)- SMT/Hyper-Threadingを利用しているプロセッサーに対するPortSmashサイドチャネル攻撃のため、情報漏えいの脆弱性がIBM BigFix Platformにあります。認証されたローカルの攻撃者がこれを悪用し、秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2018-5407)- ユーザー指定の入力がユーザーに返される前に不適切に検証されているため、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたURLをクリックするようユーザーを誘導して、ユーザーのブラウザーセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2012-5883、CVE-2012-6708、CVE-2015-9251)IBM BigFix Platformは、以前はTivoli Endpoint Manager、IBM Endpoint Manager、IBM BigFix Endpoint Managerとして知られていました。Nessusはこれらの問題をテストしていませんが、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM BigFix Platformのバージョンを9.5.12以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?11913efb

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 124565

ファイル名: ibm_tem_9_5_12.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2019/5/3

更新日: 2019/10/30

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-4013

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.9

Temporal Score: 8.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:tivoli_endpoint_manager, cpe:/a:ibm:bigfix_platform

必要な KB アイテム: www/BigFixHTTPServer

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/3/11

脆弱性公開日: 2019/3/11

参照情報

CVE: CVE-2012-5883, CVE-2012-6708, CVE-2015-9251, CVE-2018-5407, CVE-2019-4013

BID: 102792, 105658, 105897, 107870, 56385

IAVB: 2019-B-0029