KB4499180:Windows Server 2008およびWindows Vista SP2 2019年5月のセキュリティ更新プログラム(BlueKeep)

critical Nessus プラグイン ID 125060
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9.8

概要

リモートのWindowsホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストに、セキュリティ更新プログラム4499180または累積的な更新プログラム4499149がありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。- .NET Frameworkおよび.NET CoreがRegEx文字列を不適切に処理するとき、サービス拒否の脆弱性があります。この脆弱性を悪用した攻撃者が、.NETアプリケーションに対するサービス拒否を発生させる可能性があります。リモート認証されていない攻撃者が、この脆弱性を悪用し、特別に細工されたリクエストを.NET Framework(または.NET core)アプリケーションに発行する可能性があります。この更新プログラムは、.NET Frameworkおよび.NET CoreアプリケーションがRegEx文字列処理を操作する方法を修正することによりこの脆弱性に対応します。(CVE-2019-0820)- Microsoft Windows OLEがユーザー入力を正しく検証できないとき、リモートでコードが実行される脆弱性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用して悪意のあるコードを実行する可能性があります。(CVE-2019-0885)- Windowsカーネルがキーの列挙を不適切に処理するとき、権限の昇格の脆弱性があります。脆弱性の悪用に成功した攻撃者が、標的のシステムで昇格した権限を取得する可能性があります。ローカルで認証された攻撃者は、特別に細工されたアプリケーションを実行し、この脆弱性を悪用する可能性があります。セキュリティ更新プログラムは、Windowsカーネルがキーの列挙を適切に処理するよう徹底することで、この脆弱性に対応します。(CVE-2019-0881)- Windowsが特定のシンボリックリンクを適切に処理しないとき、Microsoft Windowsに権限の昇格の脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、特定のアイテムをより高いレベルで実行するように設定し、それによってアクセス許可を昇格させる可能性があります。(CVE-2019-0936)- Internet ExplorerがURLを不適切に処理するとき、なりすましの脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者が、特別に細工されたWebサイトにリダイレクトすることで、ユーザーを誘導する可能性があります。特別な細工をしたWebサイトは、コンテンツを偽装するか、Webサービスの他の脆弱性と攻撃を連鎖させるピボットとして機能します。(CVE-2019-0921)- Windows Jet Database Engineがメモリでオブジェクトを不適切に処理するとき、リモートでコードが実行される脆弱性があります。この脆弱性を悪用した攻撃者は、被害者のシステムで任意のコードを実行する可能性があります。攻撃者は、被害者に特別に細工されたファイルを開かせ、この脆弱性を悪用する可能性があります。更新プログラムは、Windows Jet Database Engineがメモリでオブジェクトを処理する方法を修正することにより、この脆弱性に対応します。(CVE-2019-0889、CVE-2019-0890、CVE-2019-0891、CVE-2019-0893、CVE-2019-0894、CVE-2019-0895、CVE-2019-0896、CVE-2019-0897、CVE-2019-0898、CVE-2019-0899、CVE-2019-0900、CVE-2019-0901、CVE-2019-0902)- .NET Frameworkがヒープメモリでオブジェクトを不適切に処理するとき、サービス拒否の脆弱性があります。この脆弱性を悪用した攻撃者が、.NETアプリケーションに対するサービス拒否を発生させる可能性があります。(CVE-2019-0864)- リモートでコードが実行される脆弱性が、認証されていない攻撃者がRDPを使用して標的のシステムに接続し、特別に細工されたリクエストを送信するとき、以前はターミナルサービスと呼ばれていたリモートデスクトップサービスにあります。この脆弱性は事前認証であり、ユーザーの操作を必要としません。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、標的のシステムで任意のコードを実行する可能性があります。攻撃者が、完全なユーザー権限で、プログラムのインストール、データの表示・変更・削除、または新規アカウントの作成を実行する可能性があります。(CVE-2019-0708)- Windows GDIコンポーネントがメモリの内容を不適切に開示するとき、情報漏えいの脆弱性があります。この脆弱性を悪用した攻撃者が、ユーザーシステムをさらに侵害する情報を取得する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法は複数あり、ユーザーを誘導して特別に細工されたドキュメントを開かせたり、信頼できないWebページにアクセスさせたりする可能性があります。セキュリティ更新プログラムは、Windows GDIコンポーネントがメモリでオブジェクトを処理する方法を修正することにより、脆弱性に対応します。(CVE-2019-0758、CVE-2019-0882、CVE-2019-0961)- Internet Explorerがメモリ内のオブジェクトを不適切に処理するとき、情報漏えいの脆弱性があります。この脆弱性を悪用した攻撃者が、ユーザーシステムをさらに侵害する情報を取得する可能性があります。(CVE-2019-0930)- 中間にいる攻撃者がKerberosを使用して認証リクエストを正常にデコードおよび置換できるとき、Microsoft Windowsに権限の昇格の脆弱性があり、攻撃者が管理者として有効にされる可能性があります。この更新プログラムはこれらのリクエストの検証方法を変更することにより、この脆弱性に対処します。(CVE-2019-0734)- .NET Frameworkまたは.NET CoreがWebリクエストを不適切に処理するとき、サービス拒否の脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、.NET Frameworkまたは.NET CoreのWebアプリケーションに対してサービス拒否を引き起こす可能性があります。この脆弱性は、認証なしでリモートから悪用される可能性があります。リモート認証されていない攻撃者が、この脆弱性を悪用し、特別に細工されたリクエストを.NET Frameworkまたは.NET Coreのアプリケーションに発行する可能性があります。この更新プログラムは、.NET Frameworkまたは.NET CoreのWebアプリケーションがWebリクエストを処理する方法を修正することにより、この脆弱性に対応します。(CVE-2019-0980、CVE-2019-0981)- Windowsグラフィックデバイスインターフェイス(GDI)がメモリでオブジェクトを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者が、影響を受けるシステムを乗っ取る可能性があります。攻撃者が、完全なユーザー権限で、プログラムのインストール、データの表示・変更・削除、または新規アカウントの作成を実行する可能性があります。(CVE-2019-0903)- スクリプトエンジンがMicrosoftブラウザーのメモリでオブジェクトを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性があります。この脆弱性により、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行し、メモリを破損させる可能性があります。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。(CVE-2019-0884、CVE-2019-0918)

ソリューション

セキュリティのみの更新プログラムKB4499180、または累積的な更新プログラムKB4499149を適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?221b2bbc

http://www.nessus.org/u?15faa0a8

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125060

ファイル名: smb_nt_ms19_may_4499149.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2019/5/14

更新日: 2021/2/5

依存関係: smb_check_rollup.nasl, smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

リスクファクター: Critical

VPR スコア: 9.8

CVSS スコアのソース: CVE-2019-0708

CVSS v2.0

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/14

脆弱性公開日: 2019/5/14

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (CVE-2019-0708 BlueKeep RDP Remote Windows Kernel Use After Free)

参照情報

CVE: CVE-2019-0708, CVE-2019-0734, CVE-2019-0758, CVE-2019-0820, CVE-2019-0864, CVE-2019-0881, CVE-2019-0882, CVE-2019-0884, CVE-2019-0885, CVE-2019-0889, CVE-2019-0890, CVE-2019-0891, CVE-2019-0893, CVE-2019-0894, CVE-2019-0895, CVE-2019-0896, CVE-2019-0897, CVE-2019-0898, CVE-2019-0899, CVE-2019-0900, CVE-2019-0901, CVE-2019-0902, CVE-2019-0903, CVE-2019-0918, CVE-2019-0921, CVE-2019-0930, CVE-2019-0936, CVE-2019-0961, CVE-2019-0980, CVE-2019-0981

MSKB: 4499180, 4499149

MSFT: MS19-4499180, MS19-4499149