Microsoft Office製品のセキュリティ更新プログラム(2019年5月)

high Nessus プラグイン ID 125071
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

Microsoft Office製品は、複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

Microsoft Office製品にセキュリティ更新プログラムが入っていません。したがって、Microsoft Office Access Connectivity Engineがメモリ内のオブジェクトを不適切に処理する方法が原因で、リモートでコードが実行される複数の脆弱性の影響を受けます。これらの脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、被害者のシステムで任意のコードを実行する可能性があります。攻撃者が被害者を誘導して特別に細工されたファイルを開かせることで、これらの脆弱性を悪用する可能性があります。更新プログラムは、Microsoft Office Access Connectivity Engineがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を修正することにより、この脆弱性に対応します。

ソリューション

Microsoftはこの問題を解決するために、以下のセキュリティ更新プログラムをリリースしています。-KB4022200-KB4464567 -KB4464551 -KB4464561 Office 365、Office 2016 C2R、Office 2019で自動更新が有効になっていることを確認するか、任意のOfficeアプリを開いて手動で更新を実行してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ee105574

http://www.nessus.org/u?aa92f9b7

http://www.nessus.org/u?6fe6436e

http://www.nessus.org/u?c6fc9b1b

http://www.nessus.org/u?42ab6861

http://www.nessus.org/u?7b126882

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 125071

ファイル名: smb_nt_ms19_may_office.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2019/5/14

更新日: 2020/1/30

依存関係: office_installed.nasl, smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-0947

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/14

脆弱性公開日: 2019/5/14

参照情報

CVE: CVE-2019-0945, CVE-2019-0946, CVE-2019-0947

MSKB: 4464567, 4464551, 4464561

MSFT: MS19-4464567, MS19-4464551, MS19-4464561