Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise kernel(ELSA-2019-4644)

medium Nessus プラグイン ID 125237
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:kernel-uek [3.8.13-118.34.1.el7uek] - Input:wacom-drivers/hidでUSB Wacomドライバー(現在非表示)を移動(Benjamin Tissoires)[Orabug:25512494] {CVE-2016-3139} - net:qmi_wwan:不正な記述子のゼロの除算を修正(Bj&oslash rn Mork)[Orabug:27215229] {CVE-2017-16650} - USB:hso:hso_probe/hso_get_config_dataのOOBメモリアクセスを修正(Hui Peng)[Orabug: 29605987] {CVE-2018-19985} {CVE-2018-19985} - KEYS:encrypted:valid_master_desc()のバッファオーバーリードを修正(Eric Biggers)[Orabug:29605993] {CVE-2017-13305} - ecryptfs:下位fsがサポートしていない場合はmmapを許可しない(Jeff Mahoney)[Orabug:29666607] {CVE-2016-1583} {CVE-2016-1583} - 「ecryptfs:mmapハンドラーなしでファイルを開くことを禁止」を復元(Brian Maly)[Orabug:29666607] {CVE-2016-1583} - binfmt_elf:新しいmmへの切り替え時に新しい資格情報に切り替える(Linus Torvalds)[Orabug:29677234] {CVE-2019-11190}

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2019-May/008742.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2019-May/008743.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 125237

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4644.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/5/17

更新日: 2020/1/15

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-16650

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.6

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:P/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:oracle:linux:6:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:oracle:linux:7:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-doc:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:kernel-uek-firmware:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.34.1.el6uek:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:oracle:linux:dtrace-modules-3.8.13-118.34.1.el7uek:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/16

脆弱性公開日: 2016/4/27

参照情報

CVE: CVE-2017-13305, CVE-2018-19985, CVE-2019-11190, CVE-2016-3139, CVE-2016-1583, CVE-2017-16650