Oracle Linux 6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2019-4646)

medium Nessus プラグイン ID 125238

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6ホストに、ELSA-2019-4646アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.19.8までのLinuxカーネルのdrivers/net/usb/hso.c read if_num内のhso_get_config_data関数が、USBデバイス(u8)からif_numを読み取り、これを使用して小さな配列をインデックス付けした結果、オブジェクトの領域外(OOB)読み取りが発生します。これによってカーネルアドレス空間で任意の読み取りが発生する可能性があります。(CVE-2018-19985)

-4.8より前のLinuxカーネルでは、install_exec_creds()がfs/binfmt_elf.cのload_elf_binary()で呼び出されるのが遅すぎ、/proc/pid/statを読み込むときにptrace_may_access()チェックで競合状態になるため、ローカルユーザーがsetuidプログラム(/bin/suなど)でASLRをバイパスする可能性があります。(CVE-2019-11190)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4646.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 125238

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4646.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/5/17

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 3.5

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11190

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 4.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/16

脆弱性公開日: 2018/12/12

参照情報

CVE: CVE-2018-19985, CVE-2019-11190