RHEL 8:java-1.8.0-ibm(RHSA-2019:1238)

critical Nessus プラグイン ID 125239

概要

リモートのRed Hatホストに1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

java-1.8.0-ibmの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 8で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度最高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。IBM Java SEバージョン8には、IBM Java Runtime EnvironmentとIBM Javaソフトウェア開発キットが含まれています。この更新プログラムで、IBM Java SE 8がバージョン8 SR5-FP35にアップグレードされます。セキュリティ修正プログラム:* IBM JDK:jio_snprintf()およびjio_vsnprintf()でのバッファオーバーフロー(CVE-2018-12547)* IBM JDK:安全でない呼び出しを高速化するとnullチェックが行われない(CVE-2018-12549)* Oracle JDK:7u221および8u211で修正された詳細不明な脆弱性(2D)(CVE-2019-2697)* OpenJDK:setCurrGlyphID()へのフォントレイアウトエンジンの範囲外アクセス(2D、8219022)(CVE-2019-2698)* OpenJDK:FileChannelImplでのメモリ漏えい(Libraries、8206290)(CVE-2019-2422)* OpenJDK:BigDecimalからlongへの変換が遅い(Libraries、8211936)(CVE-2019-2602)* OpenJDK:RMIレジストリサーバー側のディスパッチ処理における誤ったスケルトン選択(RMI、8218453)(CVE-2019-2684)* IBM JDK:JVMクラッシュの原因となるバイトコード配列の末尾を超えた読み取り(CVE-2019-10245)* libjpeg-turbo:jmemmgr.cのalloc_sarray関数でのゼロ除算(CVE-2018-11212)* Oracle JDK:8u201(Deployment)で修正されている詳細不明な脆弱性(CVE-2019-2449)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティの問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:1238

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-11212

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-12547

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-12549

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2422

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2449

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2602

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2684

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2697

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-2698

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-10245

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125239

ファイル名: redhat-RHSA-2019-1238.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/5/17

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-headless, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-src, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-ibm-webstart, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/16

脆弱性公開日: 2018/5/16

参照情報

CVE: CVE-2018-11212, CVE-2018-12547, CVE-2018-12549, CVE-2019-10245, CVE-2019-2422, CVE-2019-2449, CVE-2019-2602, CVE-2019-2684, CVE-2019-2697, CVE-2019-2698

RHSA: 2019:1238