Microsoft RDP RCE(CVE-2019-0708)(BlueKeep)(資格情報なしのチェック)

critical Nessus プラグイン ID 125313

概要

リモートホストは、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)のリモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された一連のリクエストを通じて任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

MicrosoftはWindows XP、2003、2008、7、2008 R2用のパッチのセットをリリースしています。

関連情報

http://www.nessus.org/u?577af692

http://www.nessus.org/u?8e4e0b74

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125313

ファイル名: msrdp_cve-2019-0708.nbin

バージョン: 1.31

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2019/5/22

更新日: 2022/5/24

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-0708

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows, cpe:/a:microsoft:remote_desktop_protocol

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/14

脆弱性公開日: 2019/5/14

CISAの既知の悪用日: 2022/5/3

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (CVE-2019-0708 BlueKeep RDP Remote Windows Kernel Use After Free)

参照情報

CVE: CVE-2019-0708

BID: 108273