Cisco Firepower Threat Defense(FTD)のセキュアブートハードウェア改ざんの脆弱性(cisco-sa-20190513-secureboot)

medium Nessus プラグイン ID 125341

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません

説明

そのバージョンによると、リモートホストにインストールされているCisco Firepower Threat Defense(FTD)ソフトウェアは、Cisco独自のセキュアブート実装におけるハードウェアコンポーネントのいずれかへのアクセス制御を処理するロジックの脆弱性による影響を受け、認証されたローカルの攻撃者が、変更されたファームウェアイメージをコンポーネントに書き込む可能性があります。この脆弱性は、ハードウェアベースのセキュアブート機能をサポートする複数のCisco製品に影響を及ぼします。この脆弱性は、セキュアブートハードウェア実装のフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)部分に対するオンプレミスの更新を管理するコードの領域を不適切にチェックするために発生します。影響を受けるデバイスで実行されている基盤となるオペレーティングシステムへの昇格した権限およびアクセス権を持つ攻撃者が、変更されたファームウェアイメージをFPGAに書き込むことによって、この脆弱性を悪用する可能性があります。悪用に成功すると、デバイスが使用できなくなる(ハードウェアの交換が必要になる)か、セキュアブート検証プロセスが改ざんされ、状況によっては攻撃者が悪意のあるソフトウェアイメージをインストールして起動する可能性があります。詳細については、付属のCisco BIDおよびCisco Security Advisoryを参照してください

ソリューション

CiscoバグID CSCvn77248に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e13bd4a7

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvn77248

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 125341

ファイル名: cisco-sa-20190513-secureboot-ftd.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2019/5/23

更新日: 2020/4/27

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-1649

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:firepower, cpe:/a:cisco:firepower_threat_defense

必要な KB アイテム: installed_sw/Cisco Firepower Threat Defense, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/13

脆弱性公開日: 2019/5/13

参照情報

CVE: CVE-2019-1649

CISCO-BUG-ID: CSCvn77248

CISCO-SA: cisco-sa-20190513-secureboot

IAVA: 2019-A-0177

CWE: 284