Symantec(Blue Coat)Reporterのサービス拒否の脆弱性(SYMSA1280)

medium Nessus プラグイン ID 125357

概要

リモートホストは、サービス拒否の脆弱性の影響を受けるSymantec(Blue Coat)Reporterのバージョンを実行しています。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストで実行されているSymantec(旧称Blue Coat)Reporterは10.3.1.1より前です。したがって、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。リモートホストのSSL/TLS実装によって、クライアントが接続の再ネゴシエーションを行う可能性があります。接続の再ネゴシエーションの計算要件は、クライアントとサーバーの間で非対称であり、サーバー側で数倍多くの作業が実行されます。リモートホストは単一のTLS/SSL接続での再ネゴシエーション数を制限しないようです。このため、クライアントが複数の同時接続を開き、それらを繰り返し再ネゴシエーションすることができ、サービス拒否状態をもたらす可能性があります。Nessusはこれらの問題を利用しておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Symantec Reporterバージョン10.3.1.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?1ec34e39

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 125357

ファイル名: symantec_reporter_symsa1280.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2019/5/23

更新日: 2019/10/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2011-1473

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:symantec:reporter

必要な KB アイテム: installed_sw/Symantec Reporter

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/9/13

脆弱性公開日: 2012/6/12

参照情報

CVE: CVE-2011-1473