Amazon Linux 2:libxml2(ALAS-2019-1220)

critical Nessus プラグイン ID 125603

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

libxml2でサービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションが秘密情報を漏えいする可能性があります。(CVE-2015-8242)libxml2にサービス拒否の脆弱性が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-7500)libxml2にサービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションが秘密情報を漏えいする可能性があります。(CVE-2015-8317)libxml2にサービス拒否の脆弱性が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-7497)libxml2にサービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-7498)libxml2ライブラリが特定のXMLファイルを解析する方法にサービス拒否の欠陥が見つかりました。攻撃者が特別に細工されたXMLファイルを提供し、libxml2を使用しているアプリケーションがこれを解析すると、このアプリケーションが過剰な量のメモリを使用するおそれがあります。(CVE-2015-1819)libxml2にサービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2015-7941)libxml2にサービス拒否の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションが秘密情報を漏えいする可能性があります。(CVE-2015-7499)libxml2にサービス拒否の脆弱性が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションが秘密情報を漏えいする可能性があります。(CVE-2015-8241)libxml2にサービス拒否の脆弱性が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLまたはHTMLファイルを提供し、libxml2を使用するアプリケーションがこれを処理すると、そのアプリケーションが過剰な量のCPUを使用する可能性があります。(CVE-2015-5312)libxml2が特定の細工されたXML入力を解析する方法にヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工したXMLファイルを提供し、そのファイルをlibxml2にリンクされたアプリケーションで開くと、アプリケーションがクラッシュしてサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7942)libxml2が閉じられていないHTMLコメントを解析すると、領域外メモリにアクセスする可能性があることが見つかりました。リモートの攻撃者が特別に細工されたXMLファイルを提供し、libxml2に対してリンクしたアプリケーションによって処理されると、アプリケーションがヒープメモリのコンテンツを漏えいする可能性があります。(CVE-2015-8710)

ソリューション

「yum update libxml2」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2019-1220.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125603

ファイル名: al2_ALAS-2019-1220.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/5/31

更新日: 2020/1/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:libxml2, p-cpe:/a:amazon:linux:libxml2-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:libxml2-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libxml2-python, p-cpe:/a:amazon:linux:libxml2-static, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/5/30

脆弱性公開日: 2015/8/14

参照情報

CVE: CVE-2015-1819, CVE-2015-5312, CVE-2015-7497, CVE-2015-7498, CVE-2015-7499, CVE-2015-7500, CVE-2015-7941, CVE-2015-7942, CVE-2015-8241, CVE-2015-8242, CVE-2015-8317, CVE-2015-8710

ALAS: 2019-1220