Symantec Content Analysis < 2.3.1.1は複数の脆弱性による影響を受けます(SYMSA1410)

critical Nessus プラグイン ID 125637

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けるSymantec Content Analysisのバージョンを実行しています。

説明

リモートホストで実行されているSymantec Content Analysisのバージョンは2.3.1.1より前です。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。 - 2.2.33より前の2.2.xおよび2.4.26より前の2.4.xのApache httpdの脆弱性。悪意のあるContent-Typeの応答ヘッダーを送信するとき、mod_mimeがバッファの末尾を1バイト超えて読み取る可能性があります。(CVE-2017-7679)- 2.2.33より前の2.2.xおよび2.4.26より前の2.4.xのApache httpdの脆弱性。サードパーティ製のモジュールがHTTPSポートへのHTTPリクエストの間にap_hook_process_connection()を呼び出すとき、mod_sslがNULLポインターをデリファレンスする可能性があります。(CVE-2017-3169)

ソリューション

推奨される回避策については、ベンダーのアドバイザリ(Symantec SYMSA1410)を参照するか、影響を受けないバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?db8511d5

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125637

ファイル名: symantec_content_analysis_SYMSA1410.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2019/5/31

更新日: 2019/10/30

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-7679

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/h:symantec:content_analysis, x-cpe:/h:bluecoat:content_analysis

必要な KB アイテム: installed_sw/Symantec Content Analysis

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/7/20

脆弱性公開日: 2017/6/6

参照情報

CVE: CVE-2017-3169, CVE-2017-7679

BID: 99170, 99134