RHEL 8:thunderbird(RHSA-2019:1308)

critical Nessus プラグイン ID 125690

概要

リモートのRed Hatホストに1つまたは複数のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

thunderbirdの更新プログラムがRed Hat Enterprise Linux 8で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。Mozilla Thunderbirdはスタンドアロンのメールおよびニュースグループクライアントです。この更新プログラムで、Thunderbirdがバージョン60.7.0にアップグレードされます。セキュリティ修正プログラム:* Mozilla:Firefox 67とFirefox ESR 60.7で修正されたメモリの安全性のバグ(CVE-2019-9800)* Mozilla:createImageBitmapによる画像のオリジン間盗難(CVE-2019-9797)* Mozilla:キャンバスを使ったクロスドメイン画像の盗難(CVE-2019-9817)* Mozilla:取得APIとコンパートメントの不一致(CVE-2019-9819)* Mozilla:DocShellによるChromeEventHandlerのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-9820)* Mozilla:XMLHttpRequestでのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-11691)* Mozilla:イベントリスナーマネージャーでリスナーを削除するメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-11692)* Mozilla:Linux上のWebGLバッファデータにおけるバッファオーバーフロー(CVE-2019-11693)* mozilla:ImageBitmapRenderingContextによる画像のオリジン間盗難(CVE-2018-18511)*chromium-browser:Skiaの領域外読み取り(CVE-2019-5798)* Mozilla:ブックマークとの間のハイパーリンクのドラッグアンドドロップによるユーザー履歴データの盗難(CVE-2019-11698)* libpng:png.cのpng_image_freeでのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-7317)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるthunderbird、thunderbird-debuginfo、thunderbird-debugsourceパッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?cb4d642f

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2019-15/

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:1308

https://access.redhat.com/security/updates/classification/#important

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1672409

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1676997

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1688200

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712617

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712618

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712619

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712621

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712622

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712623

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712626

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712628

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1712629

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125690

ファイル名: redhat-RHSA-2019-1308.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/4

更新日: 2024/5/17

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2019-9820

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/3

脆弱性公開日: 2019/2/4

参照情報

CVE: CVE-2018-18511, CVE-2019-11691, CVE-2019-11692, CVE-2019-11693, CVE-2019-11698, CVE-2019-5798, CVE-2019-7317, CVE-2019-9797, CVE-2019-9800, CVE-2019-9817, CVE-2019-9819, CVE-2019-9820

CWE: 120, 400, 416, 567, 829

RHSA: 2019:1308