openSUSEセキュリティ更新プログラム:MozillaFirefox(openSUSE-2019-1534)

critical Nessus プラグイン ID 125809

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

MozillaFirefox用のこの更新プログラムでは、次の問題が修正されます:

MozillaFirefoxが60.7.0esrに更新されました(boo#1135824 MFSA 2019-14):

- CVE-2018-18511:ImageBitmapRenderingContextによる画像のクロスオリジン盗難

- CVE-2019-11691:XMLHttpRequestでのメモリ解放後使用(Use After Free)

- CVE-2019-11692:イベントリスナーマネージャーでリスナーを削除するメモリ解放後使用(Use After Free)

- CVE-2019-11693:Linux上のWebGLバッファデータにおけるバッファオーバーフロー

- CVE-2019-11694:(Windowsのみ)Windowsサンドボックスでの初期化されていないメモリのメモリリーク

- CVE-2019-11698:ブックマークとの間のハイパーリンクのドラッグアンドドロップによるユーザー履歴データの盗難

- CVE-2019-5798:Skia での領域外読み取り

- CVE-2019-7317:libpngライブラリのpng_image_freeでのメモリ解放後使用(Use After Free)

- CVE-2019-9797:createImageBitmapによる画像のクロスオリジン盗難

- CVE-2019-9800:Firefox 67とFirefox ESR 60.7で修正されたメモリ安全性に関するバグ

- CVE-2019-9815:macOSでコンテンツJavaScriptスレッドのハイパースレッディングを無効化

- CVE-2019-9816:オブジェクトグループとUnboxedObjectsとの型の取り違え

- CVE-2019-9817:キャンバスを使ったクロスドメイン画像の盗難

- CVE-2019-9818:(Windowsのみ)クラッシュ生成サーバーでのメモリ解放後使用(Use After Free)

- CVE-2019-9819:取得APIとコンパートメントの不一致

- CVE-2019-9820:DocShellによるChromeEventHandlerのメモリ解放後使用(Use After Free)

- CVE-2019-9821:AssertWorkerThreadでのメモリ解放後使用(Use After Free)

ソリューション

影響を受けるMozillaFirefoxパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1135824

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125809

ファイル名: openSUSE-2019-1534.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/11

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/10

脆弱性公開日: 2019/2/4

参照情報

CVE: CVE-2018-18511, CVE-2019-11691, CVE-2019-11692, CVE-2019-11693, CVE-2019-11694, CVE-2019-11698, CVE-2019-5798, CVE-2019-7317, CVE-2019-9797, CVE-2019-9800, CVE-2019-9815, CVE-2019-9816, CVE-2019-9817, CVE-2019-9818, CVE-2019-9819, CVE-2019-9820, CVE-2019-9821