Amazon Linux 2:thunderbird(ALAS-2019-1229)

critical Nessus プラグイン ID 125901
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Mozilla:LinuxのWebGLバッファデータにおけるバッファオーバーフロー(CVE-2019-11693)Mozilla:XMLHttpRequestでのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-11691)- createImageBitmapを使用してイメージを読み込み、その結果生成されたビットマップイメージをキャンバス要素内にレンダリングした後に、イメージをエクスポートすることで、クロスオリジンイメージを同一オリジンポリシーに違反して読み込む可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 66です。(CVE-2019-9797)Mozilla:Firefox 67およびFirefox ESR 60.7で修正されたメモリの安全性に関するバグ(CVE-2019-9800)Mozilla:イベントリスナーマネージャーでリスナーを削除するメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-11692)Mozilla:DocShellによるChromeEventHandlerのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-9820)Mozilla:取得APIとコンパートメントの不一致(CVE-2019-9819)バージョンが73.0.3683.75より前のGoogle ChromeのSkiaで境界チェックが正しく行われなかったため、リモートの攻撃者が、細工されたHTMLページを介してメモリの領域外読み取りを実行できました。(CVE-2019-5798)Mozilla:ブックマークとの間のハイパーリンクのドラッグアンドドロップによるユーザー履歴データの盗難(CVE-2019-11698)libpng 1.6.36のpng.cのpng_image_freeには、png_safe_executeの下でpng_image_free_functionが呼び出されるため、メモリ解放後使用(Use After Free)があります。(CVE-2019-9817)libpng:png.cのpng_image_freeでのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-7317)transferFromImageBitmapメソッドを使用して、オリジン間画像をキャンバス要素から同一オリジンポリシーに違反して読み取る可能性があります。*注意:この影響を受けるのはFirefox 65のみです。以前のバージョンは影響を受けません*。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 65.0.1です。(CVE-2018-18511)

ソリューション

「yum update thunderbird」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2019-1229.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 125901

ファイル名: al2_ALAS-2019-1229.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/14

更新日: 2020/5/29

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird, p-cpe:/a:amazon:linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/13

脆弱性公開日: 2019/2/4

参照情報

CVE: CVE-2018-18511, CVE-2019-11691, CVE-2019-11692, CVE-2019-11693, CVE-2019-11698, CVE-2019-5798, CVE-2019-7317, CVE-2019-9797, CVE-2019-9800, CVE-2019-9817, CVE-2019-9819, CVE-2019-9820

ALAS: 2019-1229