RHEL 6:chromium-browser(RHSA-2019:1477)

high Nessus プラグイン ID 125940

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

chromium-browserの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6 Supplementaryで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。Chromiumは、WebKit(Blink)で稼働するオープンソースのWebブラウザーです。この更新プログラムで、Chromiumをバージョン75.0.3770.80にアップグレードします。セキュリティ修正プログラム:* chromium-browser:ServiceWorkerのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-5828)* chromium-browser:Download Managerのメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-5829)* chromium-browser:CORSにおけるリクエストの不適切な認証(CVE-2019-5830)* chromium-browser:V8における不適切なマップ処理(CVE-2019-5831)* chromium-browser:XHRにおけるCORSの不適切な処理(CVE-2019-5832)* chromium-browser:セキュリティUIの一貫性のない配置(CVE-2019-5833)* chromium-browser:Swiftshaderにおける領域外読み取り(CVE-2019-5835)* chromium-browser:Angleにおけるヒープバッファオーバーフロー(CVE-2019-5836)* chrom-browser:Appcacheにおけるオリジン間リソースのサイズ漏えい(CVE-2019-5837)* chromium-browser:拡張機能における過度に権限を付与されたタブアクセス(CVE-2019-5838)* chromium-browser:Blinkにおける特定のコードポイントの不適切な処理(CVE-2019-5839)* chromium-browser:ポップアップブロッカーのバイオパス(CVE-2019-5840)影響、CVSSスコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、「参照」セクションに記載されているCVEのページを参照してください。

ソリューション

影響を受けるchromium-browserやchromium-browser-debuginfoパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2019:1477

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5828

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5829

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5830

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5831

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5832

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5833

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5835

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5836

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5837

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5838

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5839

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2019-5840

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 125940

ファイル名: redhat-RHSA-2019-1477.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/17

更新日: 2020/5/29

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:chromium-browser, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:chromium-browser-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/17

脆弱性公開日: 2019/6/27

参照情報

CVE: CVE-2019-5828, CVE-2019-5829, CVE-2019-5830, CVE-2019-5831, CVE-2019-5832, CVE-2019-5833, CVE-2019-5835, CVE-2019-5836, CVE-2019-5837, CVE-2019-5838, CVE-2019-5839, CVE-2019-5840

RHSA: 2019:1477