Oracle Linux 7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2019-4685)

high Nessus プラグイン ID 125964

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2019-4685アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-2.6.39より前のLinuxカーネルのnet/bluetooth/bnep/sock.cのbnep_sock_ioctl関数は、特定のデバイスフィールドが「\0」の文字で終了することを保証していません。そのため、ローカルユーザーが潜在的な秘密情報をカーネルスタックメモリから取得したり、BNEPCONNADDコマンドを介してサービス拒否(バグおよびシステムクラッシュ)を引き起こすことが可能です。(CVE-2011-1079)

- 4.20より前のLinuxカーネルで問題が発見されました。drivers/scsi/libsas/sas_expander.cのsmp_task_timedout()およびsmp_task_done()の競合状態によりメモリ解放後使用(Use After Free)が発生します。(CVE-2018-20836)

- 5.0.7より前のLinuxカーネルで問題が発見されました。drivers/scsi/megaraid/megaraid_sas_base.cのmegasas_create_frame_pool()がmegasas_alloc_cmds()で失敗すると、NULLポインターのデリファレンスが発生する可能性があります。
これにより、メモリ解放後使用(Use After Free)に関連するサービス拒否が発生します。(CVE-2019-11810)

-5.0.8より前のLinuxカーネルのnet/rds/tcp.cカーネルのrds_tcp_kill_sockで問題が検出されました。net namespaceクリーンアップに関係する競合状態によってメモリ解放後使用(Use After Free)が発生する可能性があります。(CVE-2019-11815)

-名前空間が「\0」の文字で終了していないため、5.0.15より前のLinuxカーネルのnet/bluetooth/hidp/sock.cにあるdo_hidp_sock_ioctl関数、ローカルユーザーがHIDPCONNADDコマンドを介してカーネルスタックメモリから秘密情報を取得する可能性があります。(CVE-2019-11884)

-Jonathan Looney氏は、TCP_SKB_CB(skb)->tcp_gso_segsの値が、TCP Selective Acknowledgments(SACKs)を処理するとき、Linuxカーネルで整数オーバーフローの影響を受けることを発見しました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミット3b4929f65b0d8249f19a50245cd88ed1a2f78cffで修正されました。(CVE-2019-11477)

-Jonathan Looney氏は、LinuxカーネルのデフォルトのMSSが48バイトにハードコードされていることを発見しました。これにより、リモートピアがTCP再送信キューを、大きなMSSが強制された場合よりもさらに顕著に断片化する可能性があります。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミット967c05aee439e6e5d7d805e195b3a20ef5c433d6および5f3e2bf008c2221478101ee72f5cb4654b9fc363で修正されました。(CVE-2019-11479)

- Jonathan Looney氏は、特定のTCP Selective Acknowledgement(SACK)シーケンスを処理するとき、LinuxカーネルのTCP再送信キューの実装が断片化される可能性があることを発見しました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。これは、安定版(stable)カーネルリリース4.4.182、4.9.182、4.14.127、4.19.52、5.1.11で修正され、コミットf070ef2ac66716357066b683fb0baf55f8191a2eで修正されました。(CVE-2019-11478)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2019-4685.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 125964

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2019-4685.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/18

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11815

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/17

脆弱性公開日: 2011/3/1

参照情報

CVE: CVE-2018-14633, CVE-2018-20836, CVE-2019-11477, CVE-2019-11478, CVE-2019-11479, CVE-2019-11810, CVE-2019-11815, CVE-2019-11884