openSUSEセキュリティ更新プログラム:MozillaFirefox(openSUSE-2019-1595)

critical Nessus プラグイン ID 126148

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

MozillaFirefox用のこの更新プログラムでは、次の問題が修正されます:

- Mozilla Firefox Firefox 60.7.2 MFSA 2019-19(bsc#1138872)

- CVE-2019-11708:Prompt:Openを使用したサンドボックス回避を修正しました。

- 子プロセスと親プロセスの間でPrompt:Open IPCメッセージで渡されるパラメーターの検証が不十分であると、侵害された子プロセスが選択したWebコンテンツを、サンドボックス化されていない親プロセスが開く可能性があります。その他の脆弱性と組み合わせると、結果的にユーザーのコンピューターで任意のコードが実行される可能性があります。

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるMozillaFirefoxパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1138872

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 126148

ファイル名: openSUSE-2019-1595.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2019/6/24

更新日: 2022/5/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-11708

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/24

脆弱性公開日: 2019/7/23

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2019-11708